▼ラフィアンターフマンC2018 1歳馬リスト最速診断(上位人気馬編)

隔世の感…マイネル軍団といえば、のはずが

マイネルといえばマイナー血統の宝庫、というのはもう昔の話かもしれませんね。

近年はすっかり一流種牡馬の仔ばかり(ディープ産駒さえも存在!)。
そこに岡田総帥の「相馬眼」が加わり馬体も良い仔が増えて、会員さんとしては選び甲斐があるクラブのひとつです。

この春はマイネルファンロン(牡3・父ステイゴールド)がスプリングSで3着に入り、私もいい思いをしました。

ファンロンは先日の自己条件で復帰戦を快勝し(騎手モレイラ!)着実に成長の跡を見せていますが、これからも千八〜二千あたりで渋く活躍してくれるでしょう。

基礎体力が豊富なことが、ファンロン最大の長所です。

現在出資可能なラフィアンさんの1歳馬は全部で60頭ほど。
時間の許す限り、人気順にご紹介します。
初回は満口馬と残口が半分を切った上位人気馬たち9頭です。

 

リストの見方

まだこれから鍛練を積む1歳馬なので、前回のセレクトセールのように1頭1頭詳細なご紹介ではなく、まず最初に全馬スピード判定による分類を行います。

・スピードサイクルOK →馬体も良ければ推奨
・スピードサイクルぎりOK
・スピードサイクルぎりBAD
・スピードサイクルBAD
・判定不能

の5つに分けます。

OKとBADはそのままの意味ですが、ぎりOKとぎりBADは

その馬の誕生日がスピードサイクルの境界線ギリギリに位置するので、OKがBADだった、あるいはBADがOKだったという可能性あり

の意味です。

よってどちらかといえば「ぎりOK」の方がコケて失敗する(ショックでかい)可能性が高く、逆に「ぎりBAD」が実はOKで思わぬ幸運をつかめることもあるでしょう。

馬体が良いなどの推し材料があれば、積極的に「ぎりBAD」までは狙っていけるかもしれません。

またスピードサイクルOK判定の馬に限って、その馬の適性がわかる優先祖先と基礎体力をご紹介します。

 

ラフィアンターフマンクラブ1歳馬 判定結果

 

【スピードサイクルOK判定の馬】

11 コスモベルの17(牡・父ゴールドシップ)

【優先祖先】 ステイゴールド
【基礎体力】 56(平均は50)
【適  性】 カタログ→芝のマイル
       本欄見解→意外と距離こなすかも
西園厩舎予定

22 マイネアロマの17(牡・父ゴールドシップ)

【優先祖先】 ゴールドシップ
【基礎体力】 38(平均は50)
【適  性】 カタログ→芝の中距離
       本欄見解→もう少し延びてもOK
和田厩舎予定  満口

52 マイネプリンセスの17(牝・父オルフェーヴル)

【優先祖先】 オルフェーヴル
【基礎体力】 56(平均は50)
【適  性】 カタログ→芝のマイル
       本欄見解→もう少し延びてもOK
畠山厩舎予定  満口

 

いまのところ満口馬は3頭いますが、うち2頭はスピード判定でもOKサインが出ています。
一番馬がよく見えているのは、実は会員さんだったりして。

3頭のうち、マイネアロマの17だけは体力的に不安があるので、扱いに少し工夫が必要です。
慌てずに古馬になってからの活躍を待ちましょう。

 

【スピードサイクルぎりBAD判定の馬】

21 マイネアルナイルの17(牡・父スクリーンヒーロー)

【優先祖先】 Royal Gem(豪・1942)芝馬
【基礎体力】 59(平均は50)
【適  性】 カタログ→芝の中距離
       本欄見解→同じく
五十嵐厩舎予定

本馬はぎりBAD判定ですが、血統表に面白いポイントがたくさんあり、少し詳しくご説明しておきます。

いつも自分がこんな考察をしていると思っていただければ幸いです。

 

本馬の牝系はクリアアンバー系といい、古くはアンバーシャダイ(1977)などを輩出した名門で、4代母ダイナアンバー(1978)はAシャダイの歳仔の妹にあたります。

誕生日からするとダイナアンバーは「裏判定」馬なのですが、実はここからメインゲスト〜ファストタテヤマ(菊花賞2着など)という別の活躍馬にもたどり着くので、一概にダイナアンバーを裏と切り捨てることができません。

そこで仮にダイナアンバーを早産などのOK判定馬とすると、3代母ローズオブダイヤ〜2代母コスモキララまではサイクル通りですが、再び母マイネアルナイルが「ぎり裏判定」に引っかかります。

息子のマイネアルナイルの17自身は表サイクル通りなので、もし母が早産馬などであれば走るといういちるの望みはありますが、現実的にちょっと厳しいでしょうね。

 

以前にもお話ししたとおり、父スクリーンヒーローは祖父グラスワンダー9歳時のゼロ活性馬(つまり遺伝要素なし)で、意外にも母父サンデーの影響が強い馬です。

スクリーンヒーローと母マイネアルナイルとの交配では、表面上にはサンデー系やNorthern Dancer系のクロスがたくさんあるように見えます。

ところが実は3代母のローズオブダイヤがおもしろい馬で、なんと父サンデーからも母ダイナアンバーからもゼロ活性を継いだ「ゼロゼロ牝馬」
ゆえにサンデークロス、同時にHalo〜Hail to Reasonクロスもすべて無効となります。

前述したグラスワンダーゼロ活性により、Danzig経由のNorthern Dancerも無効。
よって表上にクロスとして残るのは、実質ノーザンテースト経由のNorthern Dancerのみとなります。

 

ここからは会員さん向け情報ですが…
仮に今回マイネアルナイルが救済で表判定になったとして、これ以降に生まれる牝馬のさらに子ども(いつごろ? 10年くらい先?)は体力的に素晴らしい仔になると予想できます。

それは計算上先ほどの3代母ダイナアンバーの「体力継承ゼロ」状態から世代交代し、解放されるため。
気の長い話ですが、クラブには母優先出資の話もありますので、ふーんくらいの感じで。

競馬をやっていると時の経つのが早く感じますからね。

 

さらに、ひとつ上のマイネアルナイルの16=ニューデイズドーン(牝2・畠山厩舎)つまり全姉は、父スクリーンヒーロー劣性期の馬で弟とは全くの別物です。

優先祖先はRoyal Gemの仔、Retirement(牝・1959)で、米国産のため弟よりもっとダート寄りの適性が出ます。あしからず。

この全きょうだいどちらかが走らなければ、母自体がやはりBAD判定馬で、アルナイルの仔は今後いっさい手出し無用です。
ヤケドします。

長文失礼しました。

 

【スピードサイクルBAD判定の馬】

20 ホッテストチケットの17
23 マイネイサベルの17
26 マイネエポナの17  満口
32 マイネショコラーデの17
35 マイネヒメルの17

 

次回は、ラフィアン人気2番手以降の馬をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です