▼東京サラブレッドクラブ2018 1歳馬リスト最速診断(No.26〜32)完

リストの見方

まだこれから鍛練を積む1歳馬なので、前回のセレクトセールのように1頭1頭詳細なご紹介ではなく、まず最初に全馬スピード判定による分類を行います。

・スピードサイクルOK →馬体も良ければ推奨
・スピードサイクルぎりOK
・スピードサイクルぎりBAD
・スピードサイクルBAD
・判定不能

の5つに分けます。

OKとBADはそのままの意味ですが、ぎりOKとぎりBADは

その馬の誕生日がスピードサイクルの境界線ギリギリに位置するので、OKがBADだった、あるいはBADがOKだったという可能性あり

の意味です。

よってどちらかといえば「ぎりOK」の方がコケて失敗する(ショックでかい)可能性が高く、逆に「ぎりBAD」が実はOKで思わぬ幸運をつかめることもあるでしょう。

馬体が良いなどの推し材料があれば、積極的に「ぎりBAD」までは狙っていけるかもしれません。

またスピードサイクルOK判定の馬に限って、その馬の適性がわかる優先祖先と基礎体力をご紹介します。

 

東京サラブレッドクラブ1歳馬 No.26〜32 判定結果

 

【スピードサイクルOK判定の馬】

26 レッドオーヴァルの17(牡・父エピファネイア)

【優先祖先】 Lalun(牝・1952・父Djeddah)
【基礎体力】 56(平均は50)
【適性】 芝の中距離
角居厩舎予定  満口

27 レッドソンブレロの17(牡・父エピファネイア)

【優先祖先】 Lalun(牝・1952・父Djeddah)
【基礎体力】 81(平均は50)
【適性】 芝の中距離
石坂正厩舎予定  満口

 

種牡馬エピファネイアについては
→ セレクトセール2018 エピファネイア編

に詳細にまとめてありますが、その後分析が進み、評価を変えた点もありますので、大事なところだけかいつまんでお話しすると、

▼先祖の種牡馬で有効なのは3代前のSadler’s Wellsと4代前のHabitatのみ

▼両馬はどちらもMAX活性期だが、わずかにSadler’s Wellsの方がより強い

▼父シンボリクリスエスが劣性期なので、母方Sadler’s Wellsの系統をさかのぼって優先祖先を探すことに

→結果、Bold Reasonの母Lalunにあたる。
中距離からクラシック寄りの距離適性あり。

▼募集サイトには「サンデー4×3」のうたい文句があるが、実は母父スペシャルウィークはサンデーサイレンス9歳2か月時の種付け産駒で活性はゼロ扱い

よって片方のサンデーは無効なため、クロスとして成立していない(むしろいいこと)。

エピファネイア→サンデー関係なし、と覚えてよい。

これらはエピファネイア産駒全般にいえることなので、ぜひ今後の参考にしてください。

 

さてこの2頭はどちらもよい馬になりそうですが、とくにレッドソンブレロの17のデキは素人目にも相当よく映ります。

母系はいうまでもなくスカーレット一族の末えいで、母は祖母スカーレットレディからMAX活性を受けた今後も注目すべき繁殖の1頭です。

残念ながら同じ東京サラブレッドさん所属の姉・レッドパラス(父クロフネ)は裏BAD判定ですが、そのぶんもこの弟が活躍してくれるのではないでしょうか。

今回の募集1歳馬の中ではダントツの素質と見ます。
動画の表情もすごく決まっていましたし(→なにげに重要)。
この馬がいるなら、ちょっと他には出資する気になりませんねぇ。

負けても悔いなし、です。

 

【スピードサイクルぎりOK判定の馬】

30 チャームドヴェールの17

動き(いや、正確にはつなぎのあたりか?)がやや硬く見える。
ダート馬かな?

 

【スピードサイクルぎりBAD判定の馬】

28 レジェンドトレイルの17  満口

スムーズではあるが、少し歩様にクセが見られる。頭も高め

29 レッドエルザの17

うーん、ごく標準的な馬。

31 エポカブラヴァの17

コロコロしてまとまった馬体。
伸びやかさに欠けるのでダート向きかな?

 

【スピードサイクルBAD判定の馬】

32 リュポメルーの17  満口

注目ゴールデンホーンの産駒ということで、すごく人気があるらしいのですが…。

もしBAD判定でなかったにしても、ちょっとドンヨリしたダルな雰囲気を持っていませんか?
目にもう少し力がほしいですね。
外国育ちのお坊ちゃまなのかも。

 

今後の予定について

キャロットさんの1歳馬は80頭以上!いるので、10頭ずつ見ても2週間かかる計算になります(ふぁ〜!? 募集開始は9月1日から)。
そこで動画、測尺等を待たずに、いよいよお盆明けから順次評価を始めることにし、それまでの間は「ラフィアンターフマンクラブ」さんにおじゃましてみます。

ラフィアンさんもぼちぼち1歳馬に満口馬が出てきて、会員さんの最終決断が迫っているようです。
ここは面白いことに残り口数を正確に教えてくれるシステムになっていますので、人気のある馬から順にご紹介したいと思っています。

そのあとクラブ馬主系の目玉・本命であるキャロットさん1歳馬を10頭ずつ詳細に見ていきます。

 

なお余談になりますが、Macのメモ帳にこれまで調べた繁殖牝馬の母系系譜がたくさんストックされてきたので、大きく「○○系」の繁殖だとわかれば、すぐに枝分かれさせて表か裏かがわかるようになりました。

メモをテーマ分割(シルク編、新馬戦編など)しておけば、検索のまねごともできます。
iPadと連携すれば、手元でいつでも見られるのもGood。
最初Excelで始めたときにはどうなるかと思いましたが、メモ帳に早く気がついてよかった!

メモ帳さまさまです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です