▼この1頭!今週末の新馬戦ピックアップ(2018.9.29〜30)

日本列島に強い台風が近づいており、競馬開催そのものが危ぶまれる(とくに阪神)事態となっています。

新馬戦展望については、重馬場による予想の変更などはありませんが、馬によっては重巧拙の違いで影響を受けることも十分考えられます。

こんな日は競馬をお休みしておくのが一番いいんですけどね。

 

先週阪神土曜に勝ち上がったヴァンドギャルド(牡・父ディープインパクト)は、やはりホンモノでしたね。

あまり派手な勝ち方をしなかったこと、2番人気リアオリヴィア(結局斜行か?パトロールをまだ見ていない)と人気を分け合ったことで、本当に世間にその実力が知れ渡るのはもう1戦先になるかもしれません。

さて今週の新馬戦展望ではちょっとした異変が起きています。

 

▼土曜中山5R 牝馬限定 芝1600

キャロット2歳特集で取り上げたパルスレート(父ジャスタウェイ)が出てくるのでちょっと応援したかったが、ここは思ったより強敵が揃って旗色が悪い。

中でも戸崎騎乗のハツセ(父ルーラーシップ)と、関西馬オーキッドテソーロ(父ディープインパクト)はいい馬。

とくにハツセOK判定&2度のMAX活性継承で基礎体力が72!で、優先祖先が父ルーラーシップという点を差し引いても、やっぱりこれが本命。

 

少しだけひいきも入って、2番手にキャロットCのパルスレート

この馬はブログでも触れたが、元々ぎりBAD1日判定で純粋なOK馬ではなかった。

基礎体力59にも配合そのものにも目立った特徴はないが、堅実さをとって2番手に。

 

オーキッドテソーロは母がぎりOK4日判定も、上位2頭をまとめて負かすだけの力を感じるのはこの馬だけなので、単穴という評価で▲に。

 

あとは少し差があって、いちおう父シンボリクリスエスMAX活性馬であるラフィアン勢のダンクフェスト(ぎりBAD判定4日)と、シンコウラヴリイの牝系にあたり、父タイキシャトル21歳時の産駒ワディアルヒタン(ぎりOK5日判定)をおさえておく。

 

本線は上位3頭のBOX系連複馬券と3連複、またひいき○の引き倒しになった際のことを考え、◎、▲を2頭軸とした3連複ながしが面白そう。

◎ハツセ
○パルスレート
▲オーキッドテソーロ
△ダンクフェスト
△ワディアルヒタン

 

▼土曜阪神5R 芝1800

ここはいわゆる「レベルの高い新馬戦」ということになるのだろう。
人気どころと目される馬たちが見事にそろってOK判定。

中でも

サラミス(牡・父ディープインパクト)
サトノルークス(牡・父ディープインパクト)
ジェンメオ(牝・父ディープブリランテ)
ゴータイミング(牡・父ディープインパクト)
ヴァルトブルク(牡・父ノヴェリスト)

は配合もよく似ており、基礎体力も同程度の馬が多く、あとはパドックで馬の形を見てから取捨選択を判断したい。

いちおう上から順に重い印を付けたが、サラミスだけはMAX活性1回継承で基礎体力81!と中身でアタマひとつ抜けた感じなので、できれば馬券はこの馬から買ってみたい。

 

他にもぎりOK、ぎりBAD馬ともにうじゃうじゃいるが、そこまではちょっと手が回らず、いろいろな意味で注目の一戦だ。(今後未勝利戦にまわっても軸として十分役に立つメンツ)

お天気が気になって地元に出走馬が固まっちゃったのかな?

 

◎サラミス
○サトノルークス
▲ジェンメオ
△ゴータイミング
△ヴァルトブルク

 

▼日曜中山5R 芝1800

で、異変が起きたというのはこのレース。
なんと今年の新馬予想始まって以来、初めてOK判定できる馬がいなかったのだ。

 

このレースには、ルメールやモレイラが乗るディープ産駒や社台F出身の馬だっているにはいるのだが、現時点ではどの馬もOK判定を下せない。

 

どうしてもという方のために1頭
★アドマイヤレオ(父ノヴェリスト・母ぎりBAD判定8日)
の名前だけは挙げておく。

優先祖先は父ノヴェリストといえばそうNight Shiftであり、さらにMAX活性1回継承の基礎体力69はこの中なら大いばりできる水準。

あとは母の判定が実際にはどっちなんだという1点のみ。

 

まあ日曜は天気が大荒れだし、そこまで無理することはないけどね。

土曜の阪神からこっちに1頭回れば、楽勝した馬もいるんでないかい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です