▼キャロットクラブ2019 1歳馬最速解説 関東馬編(No.34〜41)

フェデリコ・テシオの血統理論がよみがえる
YouTube【 ドルメロの魔術師チャンネル 】

絶賛解説中!ご視聴ありがとうございます。
今週、来週の動画はお休みです。

※最速解説のトリセツ2019(必読)

(1)前年同様、判定はOK、ぎりBAD、ぎりOK、?の4つに分類し、かつこの順に走る可能性が高いとみる

(2)?はBAD判定に加え、難解な判定のため見送った馬を含む。よって?の全部がBADではない

(3)今年は筆者からのオススメ、5つ星付けなどは一切しない(もちろん馬の長所を褒めることはたくさんある)

(4)記載データの写し誤り等が必ずあるので、正確な情報はクラブのHP等で確認のこと。あくまで18年度産駒の判定、分析を主とする

(5)現時点で筆者は実馬を一切目にしていない。判定は机上の計算と写真、動画を参考にした程度であることをご了解いただきたい

(6)この判定に沿って読者が指名、出資されたために起きた損害等について、筆者は一切の責任を負わない。この特集を読まれた方はそれらを全て理解した上で活用されたい

キャロットC2019 1歳馬最速解説 関東馬編(5)

・募集番号 
・母馬名の18(性別)
・父馬名
・判定
・直前の兄弟との誕生日差(プラスの馬を推奨)
・何番目の仔か
・17年産の評価(参考)

34 ディアマイベイビーの18(牝)

 父 リオンディーズ
 →ぎりOK3日
 −3日 3番仔
 ディアマイベイビーの17(キングサーガ) →ぎりBAD0日

【 優先祖先 】 サンデーサイレンス
【 基礎体力 】 ★☆75

これは小粒でピリリと辛い系でしょうか。

とにかく2歳から走ってくるファミリーで、カタログにも「暮れの仁川こそが目指すべき舞台」とありますから、「桜じゃないんかい!」と突っ込みたいのは控え、小柄で仕上がり早なのも織り込み済みなのでしょう。

皆が気になるサンデーのクロスは回避しているとして、一方でミスプロクロスはちゃんと残っています。

ディアマイベイビーもキャロットC出身ですが、なにせ気性が「アクティブ」だったそうで、2勝はいずれも逃げ切り勝ちとその片鱗はみせていました。

ですから本馬もクロス含め精神面の変化次第で、成績に大きなムラが出るタイプなのは否めません。

遅生まれでややきゃしゃな印象ですが、基礎体力はバッチリですし、星のパワーも授かれば母がたどりつけなかった「春の仁川」へも駒を進めることができるかもしれません。

ただ動画の動きはあまり芳しくなく…。
早熟にしてはやや緩慢で、左前をブンブン外弧歩様するのも気になります。目覚めていないのであれば、ひょっとして古馬になって覚醒…?なんてこともあるのかな。評価が難しいタイプですね。

36 ヒカルアモーレの18(牡)

 父 キズナ
 →OK
 −3日 7番仔
 ヒカルアモーレの17 →?

【 優先祖先 】 キズナ 芝中
【 基礎体力 】 47

母のヒカルアモーレは、自分が長い間探していた繁殖サイクルが逆転した瞬間の牝馬ではないかと見ています。

母は祖母グレイトフィーヴァーとサイクルが真逆でちゃんと走り、しかも誕生日が前年大幅マイナスで、母の産駒も祖母とは逆サイクルつまり母同様のサイクルで走り出しているので、ここ2、3年の動きを見ていけば自ずと結果が出ると思います。(今は経過観察中なのであまり鵜呑みにしないように)

まあそれは業務連絡みたいなもので、この馬の良さはなんといってもお久しぶりのアウトブリード配合。

基礎体力こそ残念ながら平均以下ですが、数字以上に勝負根性や丈夫さ、折り合いのスムーズさを発揮する可能性があります。

動画では左後肢がやや外弧歩様気味ですが、ほかは気にならず、まずまずの動き。背中にも余裕があり距離の融通が利きそう。持続力タイプでしょうか。

今でも十分な馬体の厚みですが、まだトモ高に感じますので、いっそうの馬体の成長が見込めそうです。

37 アビラの18(牝)

 父 ジャスタウェイ
 →OK
 +2日 9番仔
 アビラの17 →?

【 優先祖先 】 ジャスタウェイ 芝マイル〜
【 基礎体力 】 47

それまでの活躍馬がダートっぽくても配合で芝を走る馬が出ることを示してくれたカテドラル(牡3・父ハーツクライ)の下ですね。

私自身、1年半前にこのカテドラルを芝向き&OKと診断できたのが、その後の活動の大きな自信につながりました。

それでも兄はNorthern Dancerクロスを持っていましたが、妹は父がジャスタウェイに1世代降りてきたため、Northern Dancerクロスの心配がなくなりました。母系内のクロスが気にならなければほぼアウトブリードと言ってもかまいません。

しかし兄同様、本馬も基礎体力自体が万全とはいきませんので、ローテが詰まったり好走の後にはひと休み(凡走)があったりするでしょうが、早い時期に体質を理解して適度に休ませながら使えばいいところを見せてくれるでしょう。

写真より動画の方がよく見せますか。
立ち姿のバランスが良く、体のラインもきれいです。
ただ後肢は両方とも盛大に外弧歩様しますので、注意が必要でしょう。

41 パーリーアヴェニューの18(牝)

 父 Kendargent
 →OK
 初仔

【 優先祖先 】 祖母Pearly Shells 芝中
【 基礎体力 】 69

計算上は3代父のEfisioMAX活性で、4代父Shirley Heightsゼロ活性

いずれにしろ優先は祖母Pearly Shellsとなるのですが、この馬は12ハロン戦でもイケたG1勝ち名牝で、父Efisioやそのまた父Formidableがカッチカチのスプリントマイラーであることと整合性がとれませんが、ワンチャンShirley HeightsMAX活性が間に合っているという可能性もあるのかな?

Pearly Shellsがあとひと月くらい遅生まれだったら、ない話ではありませんけど。

とにかく本馬も欧州系の芝マイル〜中距離を適性とすることになりそうです。

ゲイメセンというハイペリオン系の珍しいクロスを持ち、しかも母方はMAX活性と思われるので、クロスの弊害は考えなくてはなりません。

初仔?(カタログには2016年産駒が初仔ともあるが)でやっぱり小柄ではあるものの、基礎体力が万全で馬体に丸みがあり、鍛えがいはありそう。腹袋がたぷたぷでたくさん詰まっている感じですね。

動画の歩様はまずまず。左前が少し外弧歩様気味ですが、気にするほどではないかもしれません。動画だといっそうコロコロした馬体です。
やっぱりEfisio→マイラーなのかな?

35 ビアンカシェボンの18 →?

38 ピースエンブレムの18 →?

39 マイティースルーの18 →?

40 ヴェラブランカの18 →?

▼キャロットクラブ2019 1歳馬最速解説 関東馬編(No.34〜41)」への3件のフィードバック

  1. いつもありがとうございます。

    ちなみに質問なのですが☆と★の違いはなんなのでしょうか?

    1. ガロマルさん、こんにちは。

      以前は★だけで母系4世代のどこかにMAX活性の母がいることを示していましたが、POG赤本2019の特集回から「母の誕生日を過ぎていない」擬似的なMAX活性と区別する意味で、真性★と疑似☆の2種類に分類しています。

      どちらも基礎体力は2.0(☆は厳密に1.875でもいいのですが)の扱いですが、★の方は配合そのものに良い影響を与える効果があるので、★を上位に見てください。

      とくに南半球生まれの母の場合、繁殖シーズンに半年のズレがあるのでこの☆タイプがたくさん出てきます。

      また動画のMAX活性紹介回で詳しくお伝えします。

  2. なるほど。

    素早い回答ありがとうございました。

    今後も楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です