▼総武S2020 YouTubeコメ欄をしばらく閉鎖します

まずはYouTubeコメ欄の件から

バグ?の動画を出して以来、様子を見ていたYouTubeコメ欄なのですが、先週YouTube側から「コメント表示の一部設定ができない状態になっている」という公式アナウンスがあり、その中に「一部のコメントをスパム扱いして保留の方へ回してしまう現象が発生中」という記述があります。

正確には自分のチャンネルに起きている現象と少し違うかもしれませんが、現在もコメント欄が非常に不安定な状況であることが確認されました。

しかも私どもに直近に寄せられたコメントが再び返信できなくなるなど、コメントをくださった方々にもご迷惑をおかけする状況が続いていますので、

▼次回動画アップ時から、コメント欄全てをしばらく閉鎖する

ことにします。

次回動画概要欄でもご説明します。独立した1本の動画にはしません。

こんなご時世の中、せっせと動画を見てくださってなおかつコメントを寄せていただいた方には本当に申し訳ないのですが、公平性を保ちながら誤解や混乱を回避すべく、このような結論に至った次第です。

加えて、自分のチャンネルには長いコメントを寄せてくださる方が多く、それが現在途中までしか表示されないバグや、コメントの後に付いたコメントが通知されないといったバグまで出てきています。

よって次回動画以降、様子見のためいったん全動画のコメ欄を閉鎖するとともに、ご質問はすべてこのブログ上にてお返事いたします。

もしよろしければ、以降はこのブログをYouTubeの質問コーナーとして有効にお使いください。もちろん記事の内容と全く違う内容の質問でかまいません(YouTube上の質問ですが、と一言いただければさらに幸いです)。コメ欄代わりに大いに活用いただければと存じます。かえってていねいにお返事できるはずです。

今後YouTube側で症状が治ったよ、というアナウンスがされ、その後も安定運営となるまでは、コメ欄閉鎖はしばらく続けます。(治ったらたまにコメント欄開けてみます)全て回答なしで良ければハートマークをつけるくらいで放置してもいいのですが、それはちょっとあんまりね。

残念ですが、仕方ありません。きっとAIのせいでしょうね。

これにめげず、今後もチャンネルをご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

このまま終わるのも芸がないので

実はこの記事を書く前にも、ちょっとのぞいたJRAの特別登録馬ページが「バグっていた」。

今は復旧したが、症状としては「出走馬過去4走の成績」のうち「直近の3走の情報が消去されてしまう」というもの。

しかも1ページ目の馬だけが被害に遭って、2ページ目の馬は大丈夫という、何とも不思議な状態。

いつから私は至る所でバグを引き連れ回す特殊体質(絶対いま両肩に何かいるわ)になったのか知らないが、マジメな話、こういうシステムってほんと弱いものなんだなと改めて感じる。

さてこのまま記事を終わらせるのもホント味気ないので、日曜の中山10Rに組まれたダートのOP・総武Sについてひとことふれておく。

というのも、このリステッドレースに注目の初ダート馬が2頭と、3勝クラスを卒業したばかりのベテランが参戦する予定だからだ。

コズミックフォース ダービー3着 初ダート
 祖母ユーアンミー(芝ダマイル)優先

ランガディア 初ダート
 ガーサント(芝中)優先

スウィフトレイド せん7 OP緒戦
 Giant’s Causeway(芝ダ中)優先

ただ日曜は関東地方の天気が崩れ気味とかで、中山といえども少し湿り気のあるダートになるかもしれない。あくまでそのお湿り程度によるのだが、ここはやはり

▼速いダートはダート適性

の結論通り、稍重になるなら

コズミックフォース>スウィフトレイド>ランガディア

の順に買いとし、乾いたダートなら

ランガディア>スウィフトレイド>コズミックフォース

の順に買ってみたくなる。

とくにダービー3着馬のダート参戦は、それなりの成算があってのものと感じるけれど、本質的にはコズミックフォースは東京の軽いダートの方がいいのだろうね。

▼総武S2020 YouTubeコメ欄をしばらく閉鎖します」への5件のフィードバック

  1. 全然関係ありませんが、土曜日の上総sに出資馬が出るので、同厩のランガディアには頑張ってもらいたいです。
    Youtubeのコメントに関しては、承知いたしました。

  2. MADAMA LYDIAさん、こんばんは。

    以前のシンハライトが裏判定なのにGⅠ馬となったお話と似たようなケースを見つけました。

    いや、探せばいくらでも出てくるのかもしれませんが、少し聞いていただきたくコメントさせてもらいました。

    その馬はディアデラマドレなのですが、ディアデラマドレもシンハライトと同じく裏判定なのによく走っていてしかも10日間ルールに抵触しているじゃありませんか。

    ディアデラマドレはシンハライトのようなGⅠ馬ではありませんけど、重賞を3つも勝ってますし、GⅠで3着ですから立派な成績だと思います。

    シンハライトが走ったからくりはさっぱりなんですけど、ディアデラマドレも同じケースなのでしょうか。

    またいつかお話聞かせて下さい。

    最後に、ディアデラマドレもサイクルがひっくり返って「き○ぐ×」になりましたね。

    変わらずサンデーのクロスは強いままですが、ディアデラマドレの19がOK判定になって良かったです。

    1. わにさん、こんばんは。
      わにさんに誘われて久しぶりに繁殖サイクル表をひもといていますが、以前記事を書いた後(昨年9月頃?)の私もどうもすごく迷っていたようです。(確率半々?とかメモしてあるし)

      というのは、ディアデラマドレが祖先と逆判定になっているのはわにさんと同じなのですが、新たにその母ディアデラノビアもまた祖母ポトリザリスとは逆のサイクルではないかとメモしてあります。つまり逆サイクルの発祥はディアデラマドレではなく、その母ディアデラノビアではないのか、と。

      またブログ内でまとめたいと思いますが、ですから今はワニさん同様、ディアデラマドレの19はちゃんと「OK判定」にしています。
      となれば17年産のクラヴェルもOKですよね。体が小さくてちょっとかわいそうですが。

      あれ以後どんな心境の変化があったのか思い出しながらwわにさんに語ると約束した新しい考えも加えていきたいです。

  3. はい、またブログ楽しみにしています。

    すみません、ついでにシンハリーズについてですが、シンハリーズ自体サイクルのギリギリで産まれているのに最近気が付きました…

    「き○」としていますが「き×」という可能性はないでしょうか?だからこそシンハライトはOKだった、と。

    しかし毎回思いますが、このギリギリの感じやめて欲しいですね(笑)

    studbookみたいに海外の馬でも種付け日が分かるサイトがあればいいのですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です