▼アーリントンC2018 2強は人気でも逆らえないが隠れた3着候補がいる

低調なマイルカップ路線の軸はこっちだ

 

NZトロフィーで推したデルタバローズ(牡3・堀厩舎)は、なんとか9番人気で3着に食い込んでくれたものの、1勝クラスのこの馬が突っ込むこと自体、マイル路線レベルの低調さを物語る結果に。

ゴール前「うわ、差される!やめてくれ!」と思ったら、外から4着に入ったのがもう1頭の推しメン、12番人気のゴールドギア(牡3・伊藤圭厩舎)だったというのは、笑えない笑い話。

結局どっちが差してきても、当たり馬券は1通りのみだったというオチがつきました。

東がそんなトライアルだから、マイル路線の主力は依然関西勢だと思うわけ。
今週のこのアーリントンCこそ、真に注目すべきトライアルだ。

 

人気でも逆らわずここは勝ちにいく

 

▼アーリントンC2018 基礎体力表

インディチャンプ  78
エアアルマス    72
ラセット      66
ラブカンプー    66
ウォーターパルフェ 56
パクスアメリカーナ 56
アドマイヤアルバ   53
アリア       53
タワーオブロンドン 53
ピースユニヴァース 47〜
イルルーメ     44
ニシノベースマン  41
ダノンスマッシュ  28
レッドヴェイロン  28
リュウノユキナ   28

 

体力表からみた2強というのは、インディチャンプ(父ステイゴールド・音無厩舎)と、エアアルマス(父マジェスティックウォリアー・池添学厩舎)。

インディチャンプは毎日杯でも取り上げたので詳しくは割愛するが、今年のレベルなら十分主役を張れる基礎体力の持ち主。

さて一方のエアアルマスだが、実はシンザン記念直前に話題にした際も「ちょっと体の芯がしっかりしていない」気がして、危なっかしいなと追い切りで見ていた馬。

その後跛行で出走を取り消してしまい、なんだか後味だけが悪かったのだが、走る馬には違いないと復帰を楽しみにしていた。

優先祖先は母父のエンパイアメーカーで、そこからさらに2代さかのぼったEl Gran Senor(1981・英2000ギニー、愛ダービー勝ちなど)の影響を強く受けている。

よって父も母父も米国系でありながら、自身は欧州系の型を持ち、広くて直線の長いコースを得意とするストレッチ系とみる。

遅生まれということもあって、まだ本当に体に力がついていない感じだが、距離面ではかなり融通が利き、血統表の字面以上に芝がいい馬だと思う。

この2頭ではいくらも配当は望めないが、1点で獲れるなら獲りに行きたい勝負の組み合わせになる。

 

善戦マンの匂いするも穴っぽい3番手候補

 

その下で案外人気の盲点になりそうなのがラセット(父モンテロッソ・庄野厩舎)

これまでかなり強いところと当たって惜敗続き。
前走きさらぎ賞3着でバレちゃったかもしれないが、もっと走っていい馬。

モンテロッソはあまりなじみがないが、ドバイWCも勝ったいわゆるゴドルフィン系の折り紙付き種牡馬。
ラセットの優先祖先はその父であり、神がかり的に強かったDubai Millennium(1996)の影響を受けている。

しかしDubai Millenniumは真に優先される種牡馬ではないため、実際のラセットはDubawiの母であるZomaradah(1995)の隔世遺伝を受けている。

Zomaradahは伊オークスの勝ち馬で、10〜11ハロンを最も得意とした芝馬。
この馬がマイル戦だとややスピード負けするのは、そもそも距離が足りていない可能性がある。
二千くらいに出走した際には、もっと大きく狙っていい好素材だ。

よって今回も3番手までの評価。

 

あの1番人気馬をどうするか

 

当日の1番人気は、タワーオブロンドン(父Raven’s Pass・藤沢和雄厩舎)なのだろう。

優先祖先は4代前のMaster Derby(1972)であり、その娘Doff the Derby(1981)は、英ダービー馬ジェネラス(1988)の母としてダビスタ初期ファンにはつとに有名だ。

タワーオブロンドンの本質は、Master Derbyの母系を介してさらにさかのぼった、Crafty Admiral(1948)という米国馬にある。

よってこちらは小回りもOKのトラック系ランナーに属する。
(写真を見たところ、Crafty Admiralも顔に大きな流星のある鹿毛馬でビックリ)

今からダートは鬼のはず、と書いてもファンはおもしろくないだろうが、上位2頭と違い、千四あたりの距離に強いことからダート系の匂いがプンプンするのも確かだ。

体力値53はいちおう平均点以上だし、休み明けということもあって今回は何の不安もない。
むしろマイル重賞の瞬発力勝負にビシッと対応できるかの方が懸念材料になる。


血統理論ランキング

にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です