▼ヴィクトリアマイル2018 G1牝馬多数出走も気になるのはあの上がり馬

何度も言いますが府中のマイルはスピード優先

先週のNHKマイルCでも多くの専門家がTV等で

「府中マイルはタフなコースでスタミナを要求されるから中距離でも走れる馬が有利

とおっしゃっていましたが、そこにばかり目がいくと、肝心のスピードが不足した馬しかピックアップできなくなります。

そこで本ブログでは、初志貫徹ミスターメロディに本命を打ったわけですが、ゴール前まであの頑張り。
一瞬「藤原英昭厩舎親子丼」の夢を見させてもらいました。
悔いなしです。

今週も軸馬チョイスの最優先事項はスピードの優秀さ。
このレース連覇を成し遂げたストレイトガール、ウオッカを破ったエイジアンウインズのような馬を探すスタンスでいきます。

 

実績馬がそこまで絶好調でないだけに

 

▼ヴィクトリアマイル2018 基礎体力表

カワキタエンカ   81
アドマイヤリード   72
デアレガーロ    72
アエロリット    69
ワントゥワン    63
リエノテソーロ   59
レーヌミノル    59
デンコウアンジュ  56
ミスパンテール   53
クインズミラーグロ 50(平均)
レッドアヴァンセ  47
メイズオブオナー  47
ソウルスターリング 44
レッツゴードンキ   41
ラビットラン    38〜
エテルナミノル   34
ジュールポレール   31〜
リスグラシュー   28〜

 

すでにここまでに何回も取り上げてきた馬たちばかりで、そう新鮮味はないものの、1頭だけぜひとも紹介しておきたい馬がいます。

 

デアレガーロ(牝4・大竹厩舎・鹿毛)
マンハッタンカフェ
母父Souvenir Copy

 

デビューから2連勝したものの、その後は「折り合いの不安」を抱えたまま結果が出ず。距離を短縮してじっと時を待ち、ようやく競馬を覚えてきた感があります。

平凡な馬だと一度千二を使えば距離は元に戻れなくなるものですが、昨年暮れの中山マイルで見せた脚が実に優秀。
のちにダービー卿CTを勝つヒーズインラブ、朝日杯で3番人気に推されたクリアザトラックら牡馬を問題にせず、外から一気の差し切り。

確かに左回りの実績がなく、また中山で切れすぎることから使える脚に限りはありそうですが、だからこその人気薄で、そこはオッズ妙味が相殺してくれるはず。

なぜか鞍上の池添くんは、体力女王・カワキタエンカよりもこちらに乗る予定とか。
非常に興味深いです。

 

優先祖先は父のマンハッタンカフェ

スーヴェニアギフトはミスプロ系のスプリンターですが、優先祖先のおかげで娘は十分距離が保ちます。
また母は3月23日から5月23日までが良い発情期で、この馬もきちんと5月半ばに種付けされ、良いスピードを継いでいます。

兄妹にシュプリームギフト(2008生、4月半ば種付け)、ベステゲシェンク(2010生、5月半ば種付け)ら重賞活躍馬がおり、このファミリーは母の奇数年齢時(満でいう偶数年齢)がよいスピードを生むサイクルに当たることが確認できます。

 

牝馬は何よりリズムを重視する戦略で

 

さて他にも実績では最上位のG1牝馬が何頭もいるのですが、彼女たちを今回どう扱うべきなのでしょうか。

ソウルスターリング ?
アドマイヤリード  ?
レッツゴードンキ  ?
アエロリット    ○(買うなら)
レーヌミノル    ○(買うなら)

が当欄の見解。

そしていま古馬牝馬で最も勢いのあるミスパンテールはというと…

ミスパンテール ?

が結論です。

ミスパンテールの一番の泣き所が「基礎体力があくまで平均並み」であること。
そしてここまで築いてきた連勝街道そのものが仇となり、そろそろ一息つく頃であること。
さらに牝馬の生体リズムはちょうど2か月単位で入れ替わること。
(今回は久しぶりの中1か月、幸い繁殖期間は終わりそうだが)

これらのことから、今回は消しで様子を見ることにします。


血統理論ランキング

にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です