▼平安S2018 叩き2戦目orひと息入っての回復度合いがポイント

前に一度コケた馬ばかりなんですよねぇ〜

 ▼平安S2018 基礎体力表

 ★タガノゴールド   81
  メイショウスミトモ 78
  トップディーヴォ  72
  ハイランドピーク  72
 ★サンライズソア   66
  テイエムジンソク  63
  ナムラアラシ    59
 ★マイティティー   59
★★クイーンマンボ   56
  グレイトパール   56
  クインズサターン   53
  コスモカナディアン 50(平均)
  ミツバ       47
  ジュンヴァルカン   44
  ドリームキラリ   44〜
  ユラノト      41
  マイネルオフィール 38〜
  プリンシアコメータ 34
  ザイディックメア  34
  ブライトンロック  19

(一部抜粋、★は満点の体力を受け継いだ回数)

 

本来なら実力断然のグレイトパール(牡5・中内田厩舎)が前走11か月ぶりを見事に快勝してしまったので、今度はその反動が気になるところ。

前走は「この休み明けこそが狙い目」と推してみたものの、こうもスンナリ勝たれると、今回は逆に「怪しい」と勘ぐるべきかもしれない。
いずれにしろ、この馬は今回も自分自身との闘いだろう。

 

しかし今回の人気馬はどの馬も似たり寄ったりの境遇で、

テイエムジンソク →フェブラリーS2番人気12着
ハイランドピーク →マーチS1番人気9着
ナムラアラシ →アンタレスS2番人気8着
サンライズソア →ブリリアントS1番人気14着

と、連戦を経てガス欠を起こした馬ばかり?

この中で、TジンソクはG1戦から3か月が経つので、いわゆる休み明けでリフレッシュ完了ともとれるが、何しろ前走はあの激Hペースを堂々の先行策。

そのダメージがどれほど抜け、その上微妙な1900Mという距離の延長に再び対応できるかは、走らせてみなければわからない。

 

それをふまえて上から順に体力表をたどっていくと

 

指数トップのタガノゴールド(牡7・川村厩舎)やメイショウスミトモ(牡7・南井厩舎)、トップディーヴォ(牡6・昆貢厩舎)らは、ここまでくるのにすでに体力を使ってきたベテランでもあり、上がり目一息。

 

ならば順位はそのはるか下になるが、これからの飛躍という意味も込めて、4歳牝馬、叩き2戦目になるクイーンマンボ(牝4・角居勝彦厩舎)に注目してみたい。

というのもこのクイーンマンボという馬、ちょっと牝系に特徴があり、体力値はごくふつーの56でありながら、過去4代のうち満点の体力を受け継いだ母が2頭おり、そのほかの2頭は最低レベルという、なんとも両極端な血筋の牝馬なのである。

だいたい2頭も満点牝馬がいれば普通、指数としてはゆうに60〜70を超えてくるはず。
彼女が体力の恩恵を十分引き継げなかったのは(将来の繁殖としても)残念だが、反対に「スピード」という面ではよい時期の種付けが重なり、かなりの上積みが見込める

 

優先祖先は父のマンハッタンカフェ

父の母サトルチェンジが優先と読む人もあろうが、母スズカエルマンボの種付け日がかなり遅く(6月15日頃)、シンボリクリスエス(1月21日生まれ)が6歳になって半年弱経過している。

そこで少し「忖度」して月日をプラスアルファし、マンカフェに落ち着かせた。
クイーンマンボ自身が青毛であることもその理由だ。

母Sエルマンボは4月29日から6月29日が良い発情期で、実は娘の種付け日がかなり微妙。
生まれが3月28日なのでちょうど4月28日頃の種付けと読めるが、もしちょっとでもこの発情初期にかかっていれば、彼女は文句なしのスピードを受け継いでいることになる。

牝馬限定のJBCなどでG1を獲れる血統背景の持ち主だ。


血統理論ランキング

にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です