▼シルクホースクラブ2018 2歳馬最速診断 ルーラーシップ編(No.15、53)

あぁよかった!待望のシルクさんからのご紹介です

いや一時はどうなることかと思いましたが、ここに初めて2歳馬をお迎えできました、シルクホースクラブさん。
なにより全般に2歳のルーラーシップ産駒のデキがいいことも手伝って、シルクさんからは2頭をご紹介します。

ですが、ひとつだけお断りしておくと、どちらも優先祖先はキンカメの母・マンファスなんです。

キンカメ編でもご説明したように、マンファスの本来の競走適性がちょっとわかりかねるので、今回の2歳馬たちがどんな得意技を持っているかまでは今ひとつ確証がありません。

そこで馬体や動きを動画で見るなど、いつもよりちょっと工夫を凝らしての考察になることを、あらかじめご了承ください。

 

少しギャンブル要素も加味しての指名になります

 

▼ケアレスウィスパーの16 (競走名:スイートウィスパー) 番号15

牝2・萩原清厩舎予定
父 ルーラーシップ
母父 フジキセキ
2月21日生まれ 鹿毛

これもすっかり名牝系として認知されつつありますね。
私自身、トーセンジョーダン天皇賞秋制覇は思い出のレースのひとつです。

 

【診断結果】

・優先祖先 父父の母 マンファス

・馬場、距離適性 芝のマイル

・基礎体力値 53(平均50)

・スピード 良好

・頭脳 普通

・総合 ★★(満点は5つ)

 

トーセンジョーダンは祖母の産駒で、ジャンポケ〜トニービンの影響を受けた馬でした。
本馬の母はTジョーダンの2歳上の姉(誕生日が一緒)で、OPで活躍後、繁殖入りしてからトーセンバジル(父ハービンジャー)を輩出しました。

3代母 クラフテイワイフ 85年1月17日生まれ
(12月31日から3月3日良好)
・2代母 エヴリウィスパー 97年3月13日生まれ ×
(2月27日から4月27日良好)
・・トーセンジョーダン 06年2月4日生まれ ○
・・トーセンホマレボシ 09年3月23日生まれ (×)
・・母ケアレスウィスパー 04年2月4日生まれ ○
(1月18日から3月18日良好)
・・・トーセンバジル 12年3月1日生まれ ×
・・・本馬 スイートウィスパー 16年2月21日生まれ ×

本馬の生まれは母の良い繁殖期とわずか3日しか違いませんので、もちろん「ペケ」の可能性もあるのですが、正しければごく初期の良好期ですから、得るものは大きいです。

 

優先祖先マンファスの父がスプリンターのラストタイクーンであること、また動画を見ると本馬はピッチに近いストライドをしていることなどから、適性距離は芝のマイルが妥当と思われます。

また5代血統表上にミスプロのクロスは残りますが、エアグルーヴの母ダイナカール父ノーザンテースト活性がゼロの牝馬で、Northern Dancerクロスは影響なしです。
ルーラーシップ産駒を見るときはこれが大きなポイントです。(父系のラストタイクーン経由と母系のエヴリウィスパー経由には少々残る)

 

天皇賞春も走った兄とは全くタイプが違いますが、基礎体力の余力次第では桜花賞に向かえる牝馬でしょう。
いずれにしろ、新馬を1戦すると「○か×か」全てわかると思います。

 

カギは1にも2にも気性面 よりギャンブル要素高くなり

 

▼グリューネワルトの16 (競走名:ディアンドル) 番号53

牝2・奥村豊厩舎予定
父 ルーラーシップ
母父 スペシャルウィーク
2月14日生まれ 黒鹿毛

こちらはスイートウィスパー以上にギャンブル要素が高く、何も知らない方なら絶対に避けた方がいい候補です。
今のところ、気性に難しい面はなさそうなのですが…。

 

【診断結果】

・優先祖先 父父の母 マンファス

・馬場、距離適性 芝のマイル

・基礎体力値 59(平均50)

・スピード 良好〜微妙

・頭脳 やや心配

・総合 ★★(満点は5つ)

 

本馬の叔父にあたるシェーンヴァルト(セン・父ジャンポケ)は、皐月賞で4着、ダービーでも6着した実力の持ち主でしたが、とにかく気が悪く、折り合いを欠いてばかりで、古馬になってからはその実力の半分も出していなかったと思います。

結局はなんと条件戦に逆戻りし、千四まで距離短縮して走ったという…。
陣営はさぞかしじれったい思いをしていたでしょうね。

グリューネワルトも叔父ほどではないものの、2歳時は千八まで距離をこなしていたのに、古馬になってからは結局芝千直で2勝目を挙げるなど、やっぱり折り合いには不安がある馬だったようです。

そういう系統ですから、使い込んで「変身」してしまう危険は常にあります。

 

4代母 Delso 69年4月18日生まれ
(4月2日から6月2日良好)
・3代母 カロギャル 88年2月15日生まれ ×
(2月1日から4月1日良好)
・・2代母 シェーンクライト 99年3月8日生まれ ×
(2月22日から4月22日良好)
・・・シェーンヴァルト 06年3月9日生まれ ○→BAD
・・・母 グリューネワルト 07年6月1日生まれ ○
(5月15日から7月15日良好)
・・・・本馬 ディアンドル 16年2月14日生まれ (×)

こちらもスピードのサイクルは「ギリギリ」。
これも新馬を1戦すれば、凡馬かどうかすぐわかります。

 

すでに乗り込みが進んでおり、7月15日の中京1200でデビュー予定とのこと。
中京コースは1400くらい走れる馬でないと1200はつとまりませんので、本馬にはいい塩梅です。

いい意味で注目しておきたいレースです。ええ、面白そうです。
人気なかったらこっそり買いますかね。

 

いよいよセレクトセール2018だ!

 

さて次回からはクラブ所属馬紹介はひとまずお休みし、予告通りセレクトセール2018の注目馬をご紹介します。

その際、
▼1度目の優性MAX期を迎える前の若い種牡馬産駒(もちろん走る馬だけ)を中心に取り上げる
ことにします。

9歳までの種牡馬、ということですね。
私はかえってその方が明日のG1馬を早く見つけることができると思っています。
それにディープやハーツ産駒は誰もが注目してくれますので。

どうぞお楽しみに。


血統理論ランキング

にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です