▼ユニオンオーナーズクラブ2018 1歳馬リスト最速診断 関西牝馬編(No.30〜36) 完

今回の牝馬の中には、判定は良さそうでも基礎体力でかなり見劣るため、推奨できない馬が2頭います。

のちほど少しふれることにします。

ユニオンOC1歳馬 関西牝馬編 判定結果

30 パルフェダムールの17(牝・芦毛)

 判定 【 ぎりOK3日 】

 父・スウェプトオーヴァーボード
【優先祖先】 サトルチェンジ(牝・1988)
【基礎体力】 59(平均は50)
【適  性】 ダートor芝の中距離
 栗東・寺島良厩舎 予定
 残20口未満

母は凱旋門賞にも行ったあの名ステイヤーの全妹ですが、年回りが違うので配合の中身は大きく異なります。

 

パルフェダムールは、春の天皇賞馬・ヒルノダムールの全妹。

デビュー前のケガで引退を余儀なくされたそうですが、優先祖先は父のマンハッタンカフェそのもの。

対してこちらこそマンカフェの仔だろうと思われる叔父のヒルノダムールは、自身が07年5月20日生まれ(6月種付け!)、父母はともに98年生まれ。

ゆえに

▼ヒルノダムールは父母そろってのゼロ活性産駒

という珍しい名馬です。

 

本馬は芦毛ではありますが、年回りを見てわかるとおり父スウェプトの劣性期産駒。

よってマンカフェ(サンデー劣性期)の母系先祖へ3つさかのぼったサトルチェンジが優先になります。

で、実物の動画を見ると残念ながら芝のステイヤーには見えないんだな、これが。

馬体のバランスはとてもいいです。

脚もすらっと伸びて芝も走れそうですし、あながち計算が間違ったとは思いませんが、マンカフェ系ではない気がするよね〜。

とにかく芦毛といえどもスウェプトの仔ではない、とわかっていただければそれでかまいません。

 

33 ブライトエルフの17(牝・鹿毛)

判定 【 母ぎりBAD9日 】

 父・ワールドエース
【優先祖先】 ワールドエース
【基礎体力】 59(平均は50)
【適  性】 芝の中距離
 栗東・庄野靖志厩舎 予定
 残口あり

あとでもう1頭ワールドエースの仔を紹介しますが、そちらよりはムチムチしてまとまった体型をしています。

 

ディープインパクトの後継種牡馬にはさまざまなタイプがいますが、私個人が一番おすすめするのがこのワールドエースです。

ダービーでの1番人気には応えられませんでしたが、ケガを克服してのマイラーズCレコード勝ちこそ、この馬の真骨頂。

内包するスピードの高さ、産駒の足の運びの軽やかさは、どれをとってもディープ系にふさわしいポテンシャルです。

 

ワールドエースは18年産駒がMAX期

また自身が2月22日と早めの生まれなので、5月種付けの産駒からはゼロ活性になるはずです。

ゼロ活性のために父似でないと牡馬はガッカリするかもしれませんが、牝馬はディープの影響が切れてクロスの影響を無視できるので、のちのち飛躍的に使いやすい繁殖に生まれ変わります。

本馬はクラブゆかりの母次第でOK判定となる他力本願な産駒。

その母はといえば、ダートとはいえ中央1000万下までいった馬ですから、当たりと見ることもできそうです。

 

36 ゴーファイトウィンの17(牝・鹿毛)

 判定 【 母ぎりOK4日 】

 父・ワールドエース
【優先祖先】 ワールドエース
【基礎体力】 44(平均は50)
【適  性】 芝の中距離
 栗東・宮徹厩舎 予定
 残口あり

形だけならこれぞワールドエースの仔、といった感じです。

 

一見頼りなさそうでいながら前肢の出がスムーズで、走らせさえすればグンと加速がきく、そういう軽い感じに見えます。

形と言えば父譲りの流星なし&四肢ソックスをよく受け継ぎ、本馬は流星なし&両後肢ソックスに出ました。

これがディープインパクト優先だとなかなかこうはいかないものです。(星のような小流星と左後一白が最も多い)

 

牧場では「サンデー系と相性が良さそう」ということで母を導入したそうですが、父がディープ系の場合だと欧州スタミナの権化・Busted(1963)がクロスするので、サンデー系のより良い父親候補は他にもいそうです。

母の2度目のMAX活性期が近づいていますので、活性高めの引退間もない若いサンデー系種牡馬(母系代々の父活性がどれもあまり高くないため)なら、もっと大きな一発があるかもしれません。

 

▼基礎体力が足りないぎり判定馬たち

32 カレンバレリーナの17(父タニノギムレット)

35 デンファレの17(父キングズベスト)

ともに基礎体力は28。

カレンバレリーナの17はクリソツの姿通りNorthern Dancer(1961)が優先で、芝でもダートでも中距離で走れそう。

デンファレの17はフジキセキの母ミルレーサーが優先で、距離は母同様の千四からマイルあたりか。

基礎体力はすべての生命の源ですので、残念ながら強く推すことはできませんでした。

 

さて毎回少しずつ進めたユニオンOCさんの1歳馬特集もこれにて終了。

次回からはウインレーシングクラブさんか、または話題のDMMバヌーシーさんにおじゃまする予定です。

どうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です