▼社台サラブレッドクラブ2019 1歳馬最速解説 関西編(No.65〜77)

※最速解説のトリセツ2019(必読)

(1)前年同様、判定はOK、ぎりBAD、ぎりOK、?の4つに分類し、かつこの順に走る可能性が高いとみる

(2)?はBAD判定に加え、難解な判定のため見送った馬を含む。よって?の全部がBADではない

(3)今年は筆者からのオススメ、5つ星付けなどは一切しない(もちろん馬の長所を褒めることはたくさんある)

(4)17年度産駒のリストもれや兄弟数の誤り等あるので、正確な情報はクラブのHP等で必ず確認のこと。あくまで18年度産駒の判定、分析を主とする

(5)現時点で筆者は実馬(動画含め)を一切目にしていない。判定は机上の計算(と写真を少し)であることをご了解いただきたい

(6)この判定に沿って読者が指名、出資されたために起きた損害等について、筆者は一切の責任を負わない。この特集を読まれた方はそれらを全て理解した上で活用されたい

社台サラブレッドクラブ2019 1歳馬最速解説 関西編(3)

・募集番号 
・母馬名の18(性別)
・父馬名
・判定
・直前の兄弟との誕生日差(プラスの馬を推奨)
・何番目の仔か
・17年度産駒の判定(いれば)

69 スキアの18(牝)

16年産ヴァンドギャルドと配合構成はいっしょ。

 父 ドゥラメンテ
 →OK
 +2日 6番仔
 スキアの17 →?

【 優先祖先 】 ドゥラメンテ
【 基礎体力 】 ★66

母スキアは、過去3代の種牡馬活性がどれも4(中性期)という珍しい繁殖。

そのため、半兄ヴァンドギャルドの年の父ディープインパクト(活性値5)、18年産の父ドゥラメンテ(活性値5)ならば、ともに父似&きっかり父優先の仔ができる。

新馬戦で見つけた兄を追いかけ東スポ杯で大勝負、ホープフルSは距離延長で見送ったという経緯もあり、その後の尻すぼみはとても残念に思っていたが、なまじ体力があって使い込めるので、ガス欠に気がつくのが遅れたのかも。

本馬は2年経過し母の劣性期に入って兄ほどの体力は見込めないが、それでも★66は立派なものだし、今度はドゥラメンテが優先でどんな競馬を見せてくれるのか楽しみにしている。

兄には濃いNorthern Dancerクロスがあったが、妹はミスプロが1本だけ。
幸いどちらも濃度が薄い(父系0.234…、母系0.3125)ので影響は最低限にとどまるだろう。

大きめの馬体に出ているそうなので、やっぱりそこが父ディープ系との一番の違いだね。

71 フェイブルネージュの18(牝)

 父 モーリス
 →OK
 初仔

母はディープインパクトMAX活性産駒。

初仔&サンデーやらサドラーやらリファールやらクロスがありすぎて見送りだが、写真からはなんともいえないマスコット的愛嬌が感じられる。

73 ファンタジックアイの18(牡)

こちらは父エピファネイアでサンデーはゼロ活性なので安心。

 父 エピファネイア
 →OK
 +7日 3番仔
 ファンタジックアイの17 →?

【 優先祖先 】 母〜Sir Gaylord(1959)
【 基礎体力 】 59

祖母ファンジカの系統は本馬の4代父ゲイメセンMAX活性で、近親ハイアーゲームらの長距離適性はそこを源としている。

もっとも父の活性次第ではダイワマッジョーレのように母ファンジカ似で止まってマイル〜中距離で活躍する仔も出ていて、祖母の産駒はなかなかバラエティに富んでいる。

そんな中、本馬の母ファンタジックアイは父がネオユニヴァースながら当時の活性値が2しかなく、優先はゲイメセンのまだ奥にいるSir Gaylordまでさかのぼった。

Sir Gaylordはスプリンターに近いダート馬なので、母が千八からスタートし千二を走れた背景はここら辺にもあるらしい。

そして本馬もその母似ということは、同じく短距離適性を隠し持っているということ。

ネオユニヴァース牝馬にエピファネイアをかけて短距離は解せないだろうが(したがってカタログは中距離指向)、やんちゃな気性面と相まって距離短縮が吉と出る場面があるかもしれない。

クロスはいつものとおりサンデーサイレンスが無効で、Northern Dancerも母系が0.25だからそう気にしなくてよさそう。

写真の馬体は距離に融通が利きそうな感じなので、本当の適性は走らせてからのお楽しみ。

75 ポリネイターの18(牝)

母は全然産駒が出てこない繁殖で…。

 父 キズナ
 →OK
 なし 2番仔(産駒なし5年)

母はここ7年でわずか2頭しか産駒を出していない。
確かにファミリーは基礎体力が低め(祖母が3代母のゼロ活性馬)で、以前たった1頭出た産駒も400キロ未満の仔という…だから本当に待ちに待った母の仔なんでしょう。

本馬はおそらく母似のマイラーだろうが、Northern Dancer系でも最も強めのStorm Birdクロスがあること、そしてやはり基礎体力が低いことから見送り。

でもデビューまでこぎつけたら、ちょっと応援しちゃうんだろうな。

77 マルバイユの18(牡)

 父 スクリーンヒーロー
 →OK
 なし 8番仔

【 優先祖先 】 3代母Paglietta Gener(1986)
【 基礎体力 】 53

桜花賞馬の母も2年続けてディープが付かず、おそらくこの辺が最後の華。

本馬は姉マルセリーナ(父ディープ)と配合構成自体は同じで、4代父Final Straw(1977・栗毛のスプリンター)がMAX活性とみられるので(兄グランデッツァの毛色のルーツ)、マルセリーナも本馬も優先は3代母のPaglietta Gener(1986)になる。

芝適性があり、マイル近辺から強さを発揮することになるだろう。

ただすでに母の2回目のMAX活性期を越え、基礎体力も平凡の域(兄グランデッツァが1回目のMAX活性産駒で★75、前年の姉も72)。

まあ無理して飛びつく素材ではないのかも。

65 シャーラレイの18 →?
 初仔

66 ジプシーハイウェイの18 →?
 ジプシーハイウェイの17 →ぎりOK6日

67 ホワイトローズⅡの18 →?
 ホワイトローズⅡの17 →OK

68 テスタオクローチェの18 →?
 テスタオクローチェの17 →ぎりOK10日

70 ラルシュドールの18 →?
 ラルシュドールの17 →OK

72 リメインサイレントの18
 →治療、見送り

74 テクニカルランの18 →?
 テクニカルランの17 →OK

76 スウィートハースの18 →?
 なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です