▼社台サラブレッドクラブ2019 1歳馬最速解説 関西編(No.78〜90完)

これにて今年の社台RHさん特集も終了。
今後の展開については末尾にまとめてあります。

※最速解説のトリセツ2019(必読)

(1)前年同様、判定はOK、ぎりBAD、ぎりOK、?の4つに分類し、かつこの順に走る可能性が高いとみる

(2)?はBAD判定に加え、難解な判定のため見送った馬を含む。よって?の全部がBADではない

(3)今年は筆者からのオススメ、5つ星付けなどは一切しない(もちろん馬の長所を褒めることはたくさんある)

(4)17年度産駒のリストもれや兄弟数の誤り等あるので、正確な情報はクラブのHP等で必ず確認のこと。あくまで18年度産駒の判定、分析を主とする

(5)現時点で筆者は実馬(動画含め)を一切目にしていない。判定は机上の計算(と写真を少し)であることをご了解いただきたい

(6)この判定に沿って読者が指名、出資されたために起きた損害等について、筆者は一切の責任を負わない。この特集を読まれた方はそれらを全て理解した上で活用されたい

社台サラブレッドクラブ2019 1歳馬最速解説 関西編(4)

・募集番号 
・母馬名の18(性別)
・父馬名
・判定
・直前の兄弟との誕生日差(プラスの馬を推奨)
・何番目の仔か
・17年度産駒の判定(いれば)

78 ベガスナイトの18(牝)

兄はこれからいったいどうなるのか…。

 父 ヴィクトワールピサ
 →ぎりBAD5日
 −6日 9番仔
 ベガスナイトの17 →ぎりOK8日

昨年のセレクトセールで自分のイチオシだったベガスナイトの17(父ハーツクライ)に脱税ミソがつき、青汁野郎より優秀な馬の将来の方が気になって仕方がない。

こういうのってホント、馬はどうなるんだろう。
吉田なにがし氏の名義で走るという人もいれば、追加募集でクラブで走る、地方で走る、いろんな説があるらしく…(寂しいわ)。

本馬は−6日と強めのミスプロクロス、母ミニマム期による基礎体力低下で評価が下がった。見送り。

79 ペディクラリスの18(牡)

 父 ノヴェリスト
 →OK
 なし 8番仔

【 優先祖先 】 Madam Jerry(牝・1961) ダート
【 基礎体力 】 38

日本に来ているDoff the Derbyの牝系は必ずしも丈夫な繁殖と言えず、よって基礎体力に難がある産駒が多い。(皐月賞馬ディーマジェスティ筆頭に)

本馬は父ノヴェリストゼロ活性、母父サンデーと4代父Master DerbyMAX活性をもつという変わった牝馬だが、本当に力を発揮するのは競走でなく、繁殖入りした後かも。見送り。

Northern Dancerクロスが気にならない牝馬として重宝されると良いのだが。

81 ダンスアミーガの18(牡)

馬体の成長次第ではぜんぜん悪くない候補。

 父 エイシンフラッシュ
 →OK
 初仔

【 優先祖先 】 サドラーズウェルズ
【 基礎体力 】 ★72

依然としてミスプロ(キングマンボ)のクロスは残るが、父系で活性値0.1875と薄いし、なによりNorthern Dancerクロスが一代下がって消え、かなりスッキリした配合に。

3代母ダンスパートナーは6月種付けながら4代母ダンシングキイ(これも遅生まれ)のMAX活性産駒で、あの活躍ぶり。

距離適性のせいかはたまたニジンスキーが重すぎるのか直系牝馬に活躍馬は少ないが、こうしてしっかりとOK判定は受け継がれ、このボトムラインはまたどこかでクラシックを賑わす産駒を出すだろう。

本馬の母ダンスアミーガだって母父サクラバクシンオーが活性値5なので、父にさえ気をつければキタサンブラックのような産駒も望めるというわけだ。
残念ながら本馬の父エイシンフラッシュは劣性期まっただ中ですけどね。

父(ドイツ系)のように見えるという馬体は同じ欧州系のサドラーの血を引くからで、広々としたコースと長い直線向き。

初仔も馬体はさほど小さくなく、ゆっくりめの成長曲線で長く楽しめる1頭か。

86 イブニングジュエルの18(牝)

 父 American Pharoah
 →ぎりOK4日
 +1か月 5番仔
 イブニングジュエルの17 →OK

【 優先祖先 】 3代母〜General Meeting(1988) 芝ダ・マイル
【 基礎体力 】 38

4代父General MeetingMAX活性なので、今までのきょうだい全てが母似であまり代わり映えしない(というかこれ以上工夫をしにくい)配合。

ミスプロStorm Catのクロスが出来やすく、基礎体力含めてもう3年後くらいに勝負したい母。見送り。

87 (外)ジョイフルビクトリーの18(牝)

やや馬体が薄いように見えますが…。

 父 Pioneerof the Nile
 →OK
 なし 2番仔?

【 優先祖先 】 Tap Your Heels〜Unbridled ダート中距離
【 基礎体力 】 ★66

配合自体は全然ありだが、馬体が全然できあがっていないので、これは時を待てる人だけの高難易度素材か。

牝馬らしいと言えばそれまでだが、適性がダートだから★もあくまで実が入ってからの評価になる。

Unbridledのクロスが大変強いことにも注意。

89 ミッドナイトフラッシュの18(牝)

これがいわゆるサドラー×Danzig黄金配合ですね。

 父 Gleneagles(グレンイーグルス)
 →OK
 なし? 5番仔

【 優先祖先 】 Sure Blade(1983) 芝マイル
【 基礎体力 】 44

プリンスオブウェールズS2019特集でもお話ししたように、今欧州でサドラー系を素直に走らせようとしたら頼りになる、サドラー×Danzig配合

でも残念ながら本馬はDanzig系でもデインヒルを介さないAnabaa経由(凱旋門賞馬トレブと同じ)なので、みっちり濃いNorthern Dancerクロスがついて回ります。

Sure Bladeというクリス系のマイラーが優先なので芝のマイル適性は間違いないですが、基礎体力も低めでさほどの魅力は感じません。

80 アドアードの18 →?
 アドアードの17 →OK

82 ハシッテホシーノの18 →?
 ハシッテホシーノの17 →OK

83 シルヴァーグレイスの18 →?
初仔

84 ロマンシングジェムの18 →?
 ロマンシングジェムの17 →OK

85 (外)ミノレットの18 →?
なし

88 (外)ターフドンナの18 →?
なし?

90 募集中止

今後の展開について

次のクラブ1歳解説はシルクHCさんを予定していますが、初回掲載日は未定です。(状況次第で先に東京サラブレッドCさん、ウインRCさん特集も考えています。そんなに多頭数ではないので)

番号と入厩先、価格は判明しましたが、HPで写真を見られるようになったら始めたい…と思います(きっともうすぐですよね)。

とにかく今シルクさんは2歳戦絶好調で、今年の募集は火に油?ぬかにくぎ?のれんに腕押し?猫に小判?もうなんだか訳のわからないアツい争奪戦になること間違いなしでしょうね。

実は2019検討結果もけっこうすごいことになって……いるかどうかはまた後ほど。

そのシルクHC特集の前に、来週は7月8日、9日両日に行われるセレクトセール2019の1歳馬を見ておきましょう。

昨年は無謀にも当歳、1歳全頭ガチ検討に挑んだものの、まだPCによるファミリーテーブル構築まで頭が回らず、なんと1枚ずつ紙に書いて検討していたという懐かしさ。

人間って、興味がわくと後先考えずに動けるものなんですね。
1年経ってちょっと成長して戻ってまいりましたw

今年も全頭検討するかもしれませんが、ブログでご紹介するのは1歳の

▼母がMAX活性期の産駒
▼新種牡馬産駒
▼新顔繁殖の産駒

のような特徴がある馬(OK判定のみ)にしぼっていきます。

そしてセール後に、高値が付いた1歳ベスト5馬の「超辛口」採点をしてまとめとします。(当歳も余裕があれば)

シルクHC特集は少しお待ちいただき、しばらくはセレクトセール特集ほかでお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です