▼ラフィアンターフマンクラブ2019 1歳馬最速解説 牝馬編(No.44〜50、53、54完)

ラフィアンTC2019の最終回です。

※最速解説のトリセツ2019(必読)

(1)前年同様、判定はOK、ぎりBAD、ぎりOK、?の4つに分類し、かつこの順に走る可能性が高いとみる

(2)?はBAD判定に加え、難解な判定のため見送った馬を含む。よって?の全部がBADではない

(3)今年は筆者からのオススメ、5つ星付けなどは一切しない(もちろん馬の長所を褒めることはたくさんある)

(4)記載データの写し誤り等が必ずあるので、正確な情報はクラブのHP等で確認のこと。あくまで18年度産駒の判定、分析を主とする

(5)現時点で筆者は実馬を一切目にしていない。判定は机上の計算と写真、動画を参考にした程度であることをご了解いただきたい

(6)この判定に沿って読者が指名、出資されたために起きた損害等について、筆者は一切の責任を負わない。この特集を読まれた方はそれらを全て理解した上で活用されたい

ラフィアンターフマンクラブ2019 1歳馬最速解説 牝馬編(2)

・募集番号 
・母馬名の18(今回はすべて牝馬)
・父馬名
・判定
・直前の兄弟との誕生日差(プラスの馬を推奨)
・何番目の仔か
 ※17年産の評価はなし

44 マイネテレジアの18 

 父 ゴールドシップ
 →ぎりOK2日
 0日 6番仔

【 優先祖先 】 母マイネテレジア
【 基礎体力 】 25

マイネヌーヴェル一族の基礎体力の低さは母が劣性期だといっそうどうしようもなく、見送り。

45 マイネノンノの18

キリッとした流星はタイキシャトルそっくり。

 父 スクリーンヒーロー
 →ぎりBAD7日
 +12日 2番仔

【 優先祖先 】 タイキシャトル
【 基礎体力 】 ☆72

いちおう4代父のクリミナルタイプゼロ活性であると計算してのタイキシャトル優先になります。

お顔がそっくりなのでね、これでいいと思います。

カタログでは力強さがある反面、ちょっと硬くていかにもマイラータイプとのことで、その辺にもタイキシャトルの面影を感じさせます。

祖母ノンコや4代母ビューパーダンスの名を見るまでもなく、ノンコノユメ(フェブラリーS)やハーツクライ(ドバイシーマC)を出したファミリーで、祖母が3代母レディータイクーンMAX活性産駒(★なし)なので、これからもいい仔を出す土壌があります。

ただ動画の歩様がいかにも硬くて、適性はあっても実際芝で走るのはどうなんでしょうねぇ。馬体は小さいですが体力はあるので、軽めのダートでコツコツ稼いだ方がクラブと本人(馬?)のためにもなる気がします。

この母マイネノンノは自身も小さな馬でしたが、もうちょっと大きな仔を出したら狙ってみたい繁殖です。

49 マイネランデブーの18 

父 スクリーンヒーロー
→ぎりBAD3日
−21日 7番仔

ノーザンテーストなどのクロスが強いのと、17年産との間隔が−21日のため、見送り。

50 マイネリベルタスの18 

父 アンライバルド
→OK
初仔

初仔でやっぱり小さめなのと、Northern Dancerサドラーのクロスがきつく、見送り。

マイネリベルタス(6月9日生まれ!)が祖母エアリバティーゼロ活性産駒というのも残念。

53 コスモバルバラの18

あらあら、これは2代にわたるゼロ活性産駒ですか?

 父 ゴールドシップ
 →ぎりOK6日
 +1か月10日 3番仔

【 優先祖先 】 Caro(1967)
【 基礎体力 】 ★72

祖母のマンバラの項では気がつきませんでしたが、そうですか、今年のコスモバルバラ産駒は母MAX活性と父ゼロ活性のミックスでしたか。

そして母も母父ロージズインメイゼロ活性馬であることから、血統表の上3分の2の存在はすべて消えてなくなります。

こういう馬は繁殖には適します。クロスの心配がほとんどないので。
が、競走馬としては適性探しにやや苦労するかもしれません。
大まかには母コスモバルバラと同じとみていいでしょう。

動画の歩様はなかなかですね。尾が風にたなびいて見づらいですが、しっかり左右に揺れていて、リズム感あり。
いかにも芝の少し長いところがよさそう。

競走で1つ2つ勝って帰ってきたら、これはおもしろいお母さんになりますね。

46 マイネプリンセスの18 →?

47 マイネボヌールの18 →?

48 マイネマキアージュの18 →?

54 スウィートレイラニの18 →?

ラフィアンTC2019解説が終了しましたので、いよいよ次回からセレクトセール2019特集に入ります。

セレクトセール2019ではまず
・母MAX活性産駒
・初顔の母や初仔
をご紹介しながらセール当日を挟み、高額取引馬の評価でまとめます。

いまのところ母MAX活性産駒で紹介できそうな有力馬が15頭ほど、初顔の母や初仔などが8頭ほどです。

4回シリーズ+まとめ、のように予定しています。

どうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です