▼東京サラブレッドクラブ2019 1歳馬最速解説(No.30〜38完)

※最速解説のトリセツ2019(必読)

(1)前年同様、判定はOK、ぎりBAD、ぎりOK、?の4つに分類し、かつこの順に走る可能性が高いとみる

(2)?はBAD判定に加え、難解な判定のため見送った馬を含む。よって?の全部がBADではない

(3)今年は筆者からのオススメ、5つ星付けなどは一切しない(もちろん馬の長所を褒めることはたくさんある)

(4)記載データの写し誤り等が必ずあるので、正確な情報はクラブのHP等で確認のこと。あくまで18年度産駒の判定、分析を主とする

(5)現時点で筆者は実馬を一切目にしていない。判定は机上の計算と写真、動画を参考にした程度であることをご了解いただきたい

(6)この判定に沿って読者が指名、出資されたために起きた損害等について、筆者は一切の責任を負わない。この特集を読まれた方はそれらを全て理解した上で活用されたい

東京サラブレッドクラブ2019 1歳馬最速解説(4)

・募集番号 
・母馬名の18(性別)
・父馬名
・判定
・直前の兄弟との誕生日差(プラスの馬を推奨)
・何番目の仔か
 ※17年産の評価はなし

30 レッドリヴェールの18(牝)

 父 モーリス
 →OK
 初仔

【 優先祖先 】 ステイゴールド
【 基礎体力 】 59

レッドリヴェールは母父ステイゴールドMAX活性産駒だったが、優先はWishing Wellということでよりディープインパクトに近い形を受け継ぐ馬だった。

だから母は左後に大きなソックスをはき、小柄な馬体で大活躍した。

その初仔でしかもこれも馬体が小さかった母父ステゴ優先だから、本馬のかわいらしい馬格はある程度想定通りで仕方のないこと。

さらなる問題は父モーリスとの配合でやっぱりサンデークロスが強い点。

ファン待望の初仔だろうが、待てる人はもう1年待つ手もあるのかな。

31 ライカートの18(牡)

 父 キズナ
 →OK
 +1か月10日 7番仔

【 優先祖先 】 キズナ
【 基礎体力 】 ★53

優先はキズナのはずなんだけど、見た目芦毛だし「ああ、スウェプトの仔ね」と納得できるなら、かつダート馬でも良ければ面白い候補。

クロスは傍系のDamascus以外になく、4系統もハイペリオン系、インリアリティ系、ミスプロ系、サンデー系だから面白味たっぷり。

ライカートが祖母ウェディングバンドMAX活性産駒で、★ゲット。
とはいえそれ込みで基礎体力★53だから、3歳春までに2勝すれば早熟、それ以下ならゆっくり古馬になって開花、という筋書きだろう。

やっぱりキズナの形にしては硬いんですよね。
尾離れもいいし、首も使えてるけど、ダートかなあ。
いや、芝も走らせてあげたい。

34 フラニーフロイドの18(牡)

 父 ブラックタイド
 →OK
 +1か月5日 6番仔

【 優先祖先 】 ブラックタイド
【 基礎体力 】 41

母は配合上のスパイスがいろいろ効いている馬で、まず良い点は母父Freud(1998)のゼロ活性産駒(優先は芝馬Djeddahあたり?)らしいこと。

これで自身1代はNorthern DancerSecretariat両方のクロスの影響を消すことに成功している。(本馬には母母方のNorthern Dancerクロスが残ってしまうが)

反対に残念なのが祖母Frankly Franが3代母Las Manitasゼロ活性馬であること。これがもしMAX活性ならかなり高評価したい牝系だったのに。

本馬の形はすぐにサンデー系と目星が付く(大きな流星と右後が大きなソックスは父ブラックタイドサンデーと同じ)ので、ブラックタイドMAX活性を上位にとり、Freudゼロ活性疑惑もすぐに結論が出た。

歩様も芝馬のそれで、いい素材なんですけど基礎体力はやっぱり不安です。

35 レッドオリヴィアの18(牝)

 父 ノヴェリスト
 →OK
 初仔

【 優先祖先 】 ノヴェリスト
【 基礎体力 】 63

この仔も初仔で小柄は小柄だけど、まだ許容範囲内かな。

ノヴェリストもこの年がMAX活性

出典は赤本だったか、父はなんだかとても気が悪いとのことで、いまいちどころか産駒が全然走ってない。

加えて本馬はニジンスキーNorthern Dancerのクロスが強くて、こういうのは気性面であまりオススメしない。

19年もオルフェーヴル付けてるんだけど、これはこれでサンデーの3×3ときてるし、もう少し考えてあげてほしいな。

36 レッドソンブレロの18(牡)

 父 マジェスティックウォリアー
 →ぎりOK8日
 +1か月 3番仔

【 優先祖先 】 ノーザンテースト
【 基礎体力 】 ★84

この母は東サラさん会員なら折にふれて気に掛けてほしい繁殖。(すでに人気はあるみたい)

まだ産駒がさほど走ってないし、この仔で3番仔だから結果はこれからかもしれないが、どこかでOP馬を出す土壌がある。

基礎体力が高いし、何度かお話ししたスカーレット系の恩恵を受けてサンデーのゼロ活性を持つので、サンデークロスの心配がいらない。

と思ったら19年産は完全アウトブリードのアジアエクスプレス産駒なんだけど、この馬はマイナス誕生日が激しくてダメ。

本馬は逆に誕生日はいいんだけど、クロスがミスプロNorthern Dancerも生きててあまり乗り気がしない。

いちおうまあまあ走ったとして、ノーザンテーストは器用貧乏で突き抜けないし、1勝クラスでたくさん着を拾う(それも大切なお仕事)タイプの典型かな。

幸い母のMAX活性まで間があるので、もっと大物主力父あたりで勝負してきたらそれに乗りたい。

ドゥラメンテダイナカールノーザンテーストのゼロ活性でいいけど、キタサンブラックノーザンテーストが強くてダメかな。

32 セレブレイションキャットの18 →?

33 レッドラミアの18 →?

37 レッドメデューサの18
 母ゼロ活性 基礎体力28 ぎりBAD見送り

38 スタイルリスティックの18
 マイナス誕生日&基礎体力31 OK見送り

これで東京サラブレッドクラブ2019特集も終了です。

判定の良い馬がたくさんいて期待していましたが、やっぱり中身を見ると1頭か2頭くらいしか手が出ませんね。でも同業他社?と比較してクラブ全体としての1歳レベルは相当良い方です。

毎回ブログのタグに良さそうな母の名前を入れておきましたので、ご活用ください。

さて次回は種牡馬を引退したキンカメの後継者探しについてちょっと考えてみたいと思います。

前回ディープインパクトの後継馬問題記事はアクセスも多く、たくさんの方に読んでいただいたようで、ちょっとビックリしました。

今回も優性期判定を用いて、キンカメの形が出る真の後継者とキンカメの本当の適性を探してみましょう。

そのあとシルクさんの状況を見ながら、簡単でよければユニオンオーナーズクラブさんにもおじゃましてみましょうか。

すでに一時受付は終了し、3頭ほど満口も出ているようで、これから通常受付に入るようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です