▼ユニオンオーナーズクラブ2019 1歳馬最速解説 関西牝馬編(No.8〜15)

フェデリコ・テシオの血統理論がよみがえる
YouTube【 ドルメロの魔術師チャンネル 】

絶賛解説中!ご視聴ありがとうございます。

※最速解説のトリセツ2019(必読)

(1)前年同様、判定はOK、ぎりBAD、ぎりOK、?の4つに分類し、かつこの順に走る可能性が高いとみる

(2)?はBAD判定に加え、難解な判定のため見送った馬を含む。よって?の全部がBADではない

(3)今年は筆者からのオススメ、5つ星付けなどは一切しない(もちろん馬の長所を褒めることはたくさんある)

(4)記載データの写し誤り等が必ずあるので、正確な情報はクラブのHP等で確認のこと。あくまで18年度産駒の判定、分析を主とする

(5)現時点で筆者は実馬を一切目にしていない。判定は机上の計算と写真、動画を参考にした程度であることをご了解いただきたい

(6)この判定に沿って読者が指名、出資されたために起きた損害等について、筆者は一切の責任を負わない。この特集を読まれた方はそれらを全て理解した上で活用されたい

ユニオンオーナーズクラブ2019 1歳馬最速解説 関西牝馬編(2)

・募集番号 
・母馬名の18(今回はすべて牝馬)
・父馬名
・判定
・直前の兄弟との誕生日差(プラスの馬を推奨)
・何番目の仔か
 ※17年産の評価はなし

8 キャントミスの18

 父 Speightster
 →OK
 初仔

【 優先祖先 】 父Speightster ダート短
【 基礎体力 】 69

クロスが相当多いので、よい資質はあるんだけどそれを活かすまでの精神力があるのかどうかが課題。

歩様はダート馬なら許容範囲も、初仔でもあるし、馬体がこぢんまり見えて見送りに近い感じ。

9 ブリーボーンズの18

 父 エイシンヒカリ
 →OK
 0日 8番仔

【 優先祖先 】 祖母Anniversary Wish(1985) 芝ダ
【 基礎体力 】 ★56

父のエイシンヒカリは祖父ディープインパクトゼロ活性産駒ではないかと見ており、今後産駒のデキや配合動向を注視している1頭。

今回は3代父Beau’s Eagle(1976)のMAX活性に負けており、本馬は芝ダート兼用の適性がありそうです。

実質クロスもなくスッキリした配合に見えますが、このような配合でも過去にセン馬が2頭出ている精神面はどうなのでしょうか。

精神面は父、という話を動画でもしましたが、あの精神とはウルサさよりボス性や知性面の影響という意味で、クロスもなくてウルサいのは後天的にウルサい母との接触によるところが大きいと思います。

本馬は牝馬でもあり将来セン馬という選択肢もないし、ウルサいとすぐにイレ込みにつながるケースもあるでしょうから、慎重な検討が望まれます。

11 マスターエクレールの18 

 父 モーリス
 →OK
 +23日 3番仔

【 優先祖先 】 母マスターエクレール 芝ダ短
【 基礎体力 】 ★☆81

いい母馬だなと思いきょうだいの経緯を見てみましたが、初仔は残念ながらBAD判定も、ひとつ上の姉アモーレバローズ(父ヴィクトワールピサ)はOK判定。ただ姉はミスプロクロスがかなり強くて、その点では本馬はもう一段階期待が高まった感じです。

本馬にもNorthern Dancerクロスはありますが、父モーリス側にはもともと薄いNorthern Dancerしかない(基礎は0.1875)ので、弊害を逃れる産駒も出るでしょうし、母系のNorthern Dancerも0.5とそんなに高くありません。

それさえ甘受できれば、2回のMAX活性が後押しし、番組が無数にあるダートの短距離戦でOPまで行ってもおかしくないでしょう。
一にも二にも気性次第と思います。

動画の様子もプリプリした馬体がヘルシーで、たくさん走ってたくさん喜びを持ち帰ってくれそうないい馬ですね。

14 キストゥリメンバーの18

 父 ハーツクライ
 →ぎりOK4日
 初仔
 満口

【 優先祖先 】 Wishing Well
【 基礎体力 】 ☆84

父は晩成型と言われて久しいですが、本馬のように基礎体力の高いハーツクライ産駒なら鍛え込んで4歳秋の完成を待てるかもしれませんね。

いくぶんパワータイプかなという歩様ですが、完歩が大きく前肢の出も上々。早々満口になるのもわかります。

優先はディープインパクトと同様のWishing Wellですから芝の中距離が専門で、連戦にもへこたれません。

唯一の心配は3本に及ぶNorthern Dancerクロスで、そのどれもが高活性なこと。これさえ悪さをしなければ長く楽しめる1頭と思いますが…。

15 サンドヴィーナスの18 

 父 シニスターミニスター
 →OK
 +1か月 8番仔

【 優先祖先 】 母サンドヴィーナス〜祖母サンドピアリス
【 基礎体力 】 ★47

会員さんといえどもサンドピアリスを知っている方がもうどれくらいいるかわかりませんが、その衝撃といったらすさまじかったんですよ。

410キロ台そこそこの20番人気の前走ダート戦出走馬がエリザベス女王杯(当時牝馬クラシック第3弾)をぶっこ抜くっていうね。

「おぉなんとサンドピアリスだ!」「サンドピアリスで間違いない!(念押し)」実況の杉本アナが「サンドピアリス」を忘れずとっさに言えたというのもホントにプロの仕事でした。

そのピアリスがユニオンさん出身で、しかもこうして今でも脈々と血筋をつないでいることに深い感慨を覚えます。

本馬はそのピアリスの形を継ぐ後継候補。
あのあとピアリスは京都大賞典や引退レースの京都記念でも再びやってくれるんですが、どちらも重い馬場の京都コース12ハロンで、本馬が即芝クラシック適性ありとはなかなか言いがたく…。

いずれにしろハイセイコーが強いので、パワー型は間違いない。
これでもう少し基礎体力高いと面白いけど、オマケしての47ではちょっと心配ですね。

10 ホワットアスポットの18 →?

12 デンファレの18 →?

13 ラブミーニキータの18 →?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です