今週の★馬!2019 8.24〜25号

フェデリコ・テシオの血統理論がよみがえる
YouTube【 ドルメロの魔術師チャンネル 】

いつもご視聴ありがとうございます。
ご質問どんどんお寄せください。

▼土曜新潟10R 稲妻ステークス

・サラドリーム(牝4・手塚貴久厩舎)

父 ロードカナロア 6

母父 ディープインパクト 5
3代父 Unbridled’s Song 5
4代父 Silver Ghost ゼロ活性

ロードカナロア優先

基礎体力 1.5+☆2.0+1.75+1.25=☆6.5 →☆81

【ひとこと】ヒダカBUさん所属の馬で、募集時のコメ「どこがいいと聞かれると困ってしまうくらいどこもいい」という自信たっぷりさがちょっと微笑ましいのだが、確かにここまで順調に来ましたね。

申し訳程度の小さな小さな流星以外馬体は真っ黒なのが、いかにもカナロアの系統らしい。

サイレントソニックが祖母ムーンライトガーデンズMAX活性産駒で、主にスプリント戦で活躍したOP馬。

ミスプロのクロスは4代父Silver Ghostゼロ活性でおとがめなしだが、4系統配合がミスプロ3本にサンデー系だから、なんというか味わいには欠ける感じ。

今のところ距離は千二でも長い?現状だが、直千競馬においては持ちタイムをどんどん更新中。今夏に叩き出したベスト54秒3ならここでもゆうゆう合格圏で、あとは逆に道悪競馬になったときどうか、だけだろう。

▼日曜小倉11R 小倉日経OP

・アロハリリー(牝4・高野友和厩舎)

父 ハーツクライ 5

母父 キングカメハメハ 7
3代父 デインヒル 5
4代父 Alzao 2

キンカメ優先

基礎体力 1.25+★2.0+★2.0+1.25=★★6.5 →★★81

【ひとこと】デビュー以来一貫してローカル回りに徹し、ここまでコツコツ階段を上がってきた馬だが、こと配合に関しては超優秀。

アロハリリー自身と母ハワイアンウインドが連続MAX活性(母はややオマケ気味)だから、初仔ながらがんばって450キロ台に成長してくれた今ならOPでもある程度やれていい。

キンカメ優先で距離に不安がないから、せめてあと1ハロン長い条件なら相当きわどい場面が作れるはず。
中京の稍重10ハロンで勝っているので、札幌の丹頂Sとかどうだったでしょうかね。

繁殖入り後もウインドインハーヘア系の注目牝馬として覚えておかれるといいだろう。キンカメの形を繁殖側で調整して出すことができる良い母馬だ。

今週の★馬!2019 8.24〜25号」への2件のフィードバック

  1. アロハリリー来ましたね。

    新潟2歳ステークスも基礎体力の高いウーマンズハートとペールエールでした。

    3着馬のビックインバイオは気にも留めていませんでしたが…

    それにしても今年はハーツクライ産駒が活躍してるように思いますが、当たり年なんでしょうか。

    1. わにさん、こんばんは。

      今年の2歳世代ということなら、ハーツはほぼMAX活性近くですので、形を残すべく遺伝子がうんとがんばった世代と言えるでしょうね。

      私は活性値と当たり年の関連性については懐疑的ですが、たとえばハービンジャーなどはMAX活性年に向けて年々スゴい産駒を出した典型例ですね。
      とくに14、5年はペルシアンナイト、モズカッチャン、ディアドラときて、最後にMAX活性産駒がノームコア、ブラストワンピースだったんですけど。G1馬は全部その2年間ですから。

      まあハーツ級になると種付け数そのものが多いですから、なんだかんだ毎年コンスタントに走りますけどね。

      CX系みんなの競馬で、細江チャンが「ウーマンズハートはこの時期のハーツらしくない馬」と看破していたのはさすがです。
      形が違うことに気がついているんでしょうね。
      さすが、メインRの実況席を任されるだけはあります。(まだ似合ってはいなかったけど…)

      種牡馬3強の一角だけになってしまった今、ハーツにも最後のひと花をぱっと咲かせて欲しいです。

      今日ちょっとだけキャロットC2019の計算をはじめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です