▼iPad mini 6、有機EL新型Switchその後

iPad mini 6のアクセサリー届きました

今日は生存確認がてら、少し周辺機器の話を。

即買いしたiPad mini 6のアクセサリー類が到着し、さっそくPFUケースとフィルムをつけてみた。

発売後、半年以上経ってから出される後発品と違い、どちらも出たてのまだまだ詰めの甘い中華製という感じで、自分でいろいろ加工もし、工夫しながらとりあえず汚れを気にせず使える態勢にはなった。

フィルムはApple pencil2を使うこともあり、ペーパーライクフィルムにしようか迷ったが、前回同様グレアフィルムでペン先保護を優先した。ペーパーライクフィルムはかなりペン先削れる&指タッチがごそごそするというので、オジサンのひどい手荒れ指ではなおさらかと思い、グレアのみとした。

ところが使ってみてすぐにわかったが、iPad Proと違い、miniはPencilと画面との間に若干ラグがあって、書いていて気持ち悪い。フィルムのせいというよりは、Proとは異なる画面の仕様なのだろうと思うが、まあこれがminiってことか、という感じ。

また電子書籍やPDFを閲覧するにもサイズがやや小さい。今月から東スポ競馬Web版に課金したのでメインの馬柱は家で見られるが、この時ばかりは12.9インチがほしい。わかっていたのに、ああこれがminiってことか、という感じ。まあ東スポはPCデスクでも見られるので、我が家はそのうち32インチ新聞になるだろうけどw

ピンチズームができるので、文字が大きくできるのはいいんだけどね。

またこれは私だけに影響があることだが、新型iPad mini 6をYouTube制作に使うようになってから、画面録画の時に定期的なノイズが入るようになった。これはAppleに報告すべきなのかもしれないが、QuickTimePlayerのせいではなく、iPad mini 6側の定期的な動作か何かがノイズとして乗るんだと思う。

私は音声は別撮りしているので問題ないが、できたMOVが無音であってほしい人は困るだろう。

というように、使ってみて初めてわかる8インチタブレットの様子。次回はお金を貯めて12.9インチ(USB-C)に挑戦してみよう。MacBookを買わない人なので、もしかしたら正解はそっちだったのかもw

有機EL新型Switchに不穏な情報が…

これはYouTube上の話題だが、Nintendo製品を中心に分解修理動画をあげている「あすか修繕堂」さんによると、私の買った有機EL新型Switchの画面は、なんとガラス製であることが判明したらしい。

詳しくは「あすか修繕堂」さんの分解動画を見てほしいが、今までのSwitch画面はガラスではなく、プラスチック製だった。というのはやはり画面が破損したときに子供さんにケガがないようにという方針で設計されたらしく、そこはあすか堂さんも「Nintendoってすごいなと思ってた」とコメしていた。

ところがこのプラスチック製画面はタッチの精度や発色の面で劣るため、今回きれいな有機ELを採用するにあたって、Nintendoはとうとうこのプラスチック製画面をやめて、本物のガラス製画面を採用したらしいというのだ。

しかもそのガラス面が本体に直に接着しているので、「落としたら間違いなく割れるし、修理には膨大な修理費がかかること間違いなし」らしい。

私も従来型Switchの画面を割りそうになった男なので、ガラスフィルムがなかったらやっちまってたな……という恐怖は手に取るようにわかる。ガラス自体はもちろん強化ガラスなんだろうが、それでもガラスはガラス。小さい子が無意識に落としちゃうのは避けようがない。しかも修理費がお高い(というか、買い換えでもいいくらい?)。

ということで、新型Switchを入手された方がおられたら、ぜひ硬めのガラスフィルムを画面に付けておいてほしい(とお伝えください)。経験者が断言します。あれ、かなりのお守りになります。落下はダメかもしれないけど。

そうそう、Switchといえば熱暴走も心配だけど、新型はさらにシロッコファンが小さくなったとのこと。もしかしたら「チップが優秀になって発熱量がさらに少なくなったのかも」とあすか堂さんがおっしゃってました。従来型の後期型もあんまり熱暴走しなくなったみたいね。電池容量はいっしょですって。

もうひとつ。「ほしいけれどまだ手に入れてないよ」という方のためにヤボな情報を。

私は田舎のヤマダ電機で抽選に当たった人だが、受け取りにいった際、チラチラ見えた店員さんのメモ用紙によると、どうやら私の田舎のヤマダ電機では10人近くの当選枠があったらしい。しかもそのうち7、8人が10月8日発売日当日に受け取りに行ったという慌ただしさ(お前もな!)。

私はヤマダ電機で買い物すること自体10年ぶりくらいだったが、ヤマダ電機はそういうことも関係なく当ててくれるらしいし、また田舎の支店というのもよかったのだろう。幸い台数自体はこれからも少しずつ順次割り当てられるようで、初代のようないつまでも足りない騒ぎにはならず、当たる確率も高めのようだ。新色のホワイトはさらに確率高いかも。

そして、ガラスフィルム、ぜったい忘れずに貼ってください。

ワクチン打ち終わったら、アクセサリー買って、ゼルダやろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です