▼ファルコンS2018 体力1位はあのダート馬!? 芝でもやれるなら大波乱の主役に

中京1400に変わった途端「専門家」の天下へ

千四に距離が伸びて今年で7回目のファルコンS
中京コース全般にいえることだが、千二なら千四以上、千四なら千六以上の距離経験がほしいところで、改装してかなりタフなコース設定になったことは間違いない。

改装後の勝ち馬を見ても、トウショウドラフタインパルスヒーローブライトラインなどその後「千四専門馬」に育ち、また2、3着馬には中距離まで走れるブレイブスマッシュヤマカツエースらの名前がある。
どこを切り取っても今はスプリンターの舞台といえないのが現状だ。

ただし、実際は使ってくる馬の大半がスプリンターであって…。

3歳春からバリバリのスプリントに目覚めろというのは馬にとっても酷であり、また使う側も「スプリント戦に使い始めたらもう後戻り(距離延長など)はできない」という意識が働くもの。

よって今千二を走っている馬は、もう将来の選択を済ませた馬であり、そういう馬のファルコンSでの成績は芳しくない。

あくまで「マイルCの行き掛けの駄賃」と考えてOKなのである。

 

ところがまた体力表が大荒れで…

 

▼ファルコンS2018基礎体力表

ミスターメロディ  78
ドラグーンシチー    69
タイセイプライド    62
カイザーメランジェ 56
テンクウ      56
エールショー              53
タイセイアベニール   53
ダークリパルサー    47
トロワゼトワル   47
モズスーパーフレア 47〜
ムスコローソ    44
アサクサゲンキ          41
クリノイダテン   37
アンブロジオ             31〜
ヒシコスマー     31〜
ダノンスマッシュ    28
フロンティア     16

 

基礎体力1番手のミスターメロディ(鹿毛・父Scat Daddy・藤原英昭厩舎)は外国産馬。

優先祖先は3代前のSilent Screenで、さらにそこから2代さかのぼったBetter Self(1945)という米国馬の影響を強く受けている。
このBetter Selfは、7〜12ハロン(最長はベルモントS!)を走ることができたオールマイティで、しかも生涯通算50戦16勝というタフさも兼ね備えた馬。

従ってミスターメロディも、一見早熟のダートスプリンターに思えるが、案外距離に融通が利き、また連戦にも強いだろう。

厩舎コメントで「気性が前向き」と出ていることと、レコードを出した東京ダート千三はスプリンターの範疇であることから、頭まではどうかも、確かにあっさり勝つならこのくらい変わった血統馬かもしれない。

 

2番手のドラグーンシチー(鹿毛・父ロードカナロア・北出厩舎)は、体力はあるもののスピードにイマイチ欠けるタイプ。

姉のラモンターニュ(地方抹消・父タイキシャトル)は園田で54戦した女丈夫。
しかも引退直前の方が成績がよかったというタフねーちゃん。

芝は時計がかかってほしいクチで、これからダート戦に使うなら絶対クラブ馬主孝行のはず。
ここは余裕のある方だけ。

 

指数3番手のタイセイプライド(青鹿毛・父ヨハネスブルグ・西村厩舎)は唯一の3勝馬で、人気面では一番上か。

優先祖先は父のヨハネスブルグで、そこから3代前の(父系の)ミスタープロスペクターの影響が強い。
ミスプロの短い現役生活で走った条件といえば6〜7ハロンばかりで、本質的にはどうかも、この距離自体には適性がありそうだ。

ただ昨秋の京王杯2歳S(2番人気)では、逃げながら頭を上げるという不可解な負け方をしている。
右回りの千二なら問題がないようだが、プレッシャーがキツい中京で出入りの激しい競馬にどれくらいついて行けるか、ここは試金石となる。

 

毎度言い訳ばかりしてますが…下位2頭はどうなっちゃったの?

 

さて体力値では最下位とブービーに沈んだダノンスマッシュフロンティアなのだが。

ダノンスマッシュ(父ロードカナロア・安田隆行厩舎)は、母スピニングワイルドキャットからは平均以上の体力を受け継いだが、いかんせんそれより以前の母系がひどく「ホント、どうした!?」というレベル。

フロンティア(父ダイワメジャー・中内田厩舎)に至っては、実の母グレースランドと3代母の2回で「満点チャンス」を逃し、ほとんど体力を引き継げなかった。
もしどちらかで(とくに母の種付け時に)時期さえ合えば、ゆうに平均以上の体力を有したのだが。

両馬とも余裕のあるローテで臨めた今までとは違い、これからの連戦では何かしら弱みが出ても不思議ない。

 

おまちかね大穴馬注目馬は?

 

今回の大穴馬は、モズスーパーフレア(父Speightstown・音無厩舎)。

この馬の3代母のデータ次第では、体力値は現在の暫定値47から72に跳ね上がる可能性があり、決してバカにできない。

優先祖先は3代前のValid Appealで、その父In Realityの影響が強い。
In RealityはMan o’ War系の傍流種牡馬で、血統上でよくスパイスとして顔を出す馬だが、あまり影響が強いとその産駒は脇役で終わることが多い。

したがってモズもみんなが忘れた頃に一発狙ってみてはいかがだろうか。


血統理論ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です