▼シルクホースクラブ2018 1歳馬リスト最速診断(No.41〜50)

今回のシルクHC1歳馬リストのご紹介は、No.50までとさせていただきます。

そして次回金曜は「週末新馬戦の狙い目」をお送りし、シルク1歳リスト分析の最終回はその次になります。

 

リストの見方

 

まだこれから鍛練を積む1歳馬なので、前回のセレクトセールのように1頭1頭詳細なご紹介ではなく、まず最初に全馬スピード判定による分類を行います。

・スピードサイクルOK →馬体も良ければ推奨馬に
・スピードサイクルぎりOK
・スピードサイクルぎりBAD
・スピードサイクルBAD
・判定不能

の5つに分けます。

 

OKとBADはそのままの意味ですが、ぎりOKとぎりBADは「スピードサイクルの境界線ギリギリに位置するので、OKがBADになり、またはBADがOKになる可能性もあり」という意味です。

よってどちらかといえば「ぎりOK」の方がコケて失敗する(ショック大きい)可能性が高く、逆に「ぎりBAD」が実はOKで思わぬ幸運をつかむこともあるでしょう。

馬体が良いなどの推し材料があれば、積極的に「ぎりBAD」までは狙っていけるかもしれません。

またスピードサイクルOK判定の馬に限って、その馬の適性がわかる優先祖先と基礎体力をご紹介します。

 

シルクHC1歳馬 No.41〜50 判定結果

【スピードサイクルOK判定の馬】

41 シーイズトウショウの17(牡・父ジャスタウェイ)

【優先祖先】 ジャスタウェイ
【基礎体力】 50(平均は50)
【適性】 芝orダートの中距離

45 チアズメッセージの17(牝・父ロードカナロア)

【優先祖先】 ロードカナロア
【基礎体力】 88(平均は50)
【適性】 芝のマイル

49 ヒカルアマランサスの17(牝・父ハービンジャー)

【優先祖先】 Boldnesian(1963)
【基礎体力】 44(平均は50)
【適性】 ダートの中距離

50 パーフェクトジョイの17(牝・父ルーラーシップ)

【優先祖先】 Gulf Stream(1943)
【基礎体力】 53(平均は50)
【適性】 芝の中距離

 

爆発的な体力を誇るチアズメッセージの17が面白い存在です。

シーイズトウショウの17は厩舎(池江厩舎)込みで総合力を買いたい。

天下の池江先生に馬を預けるという夢(いきなり妄想か、オイ)をリーズナブルにかなえるのなら、私はこの馬で経験を積みたいです。

ヒカルアマランサスの17パーフェクトジョイの17は、体の成長と体力次第でもっと期待が持てるようになるでしょう。
もちろん今のままでは厳しいと思います。

 

【スピードサイクルぎりOK判定の馬】

42 ルージュクールの17

スピードサイクルがわずか1日だけ表側に入っているだけなので、本当にどっちとも言いがたい「難しい」馬。見送り賢明か。

 

【スピードサイクルぎりBAD判定の馬】

43 サンドミエシュの17

いまキャロットにいる兄(ニードルズアイ)も同じく「ぎりBAD判定」馬で、やや苦戦中。
誕生日が近いと毎年こういう現象が起きます。

44 シャトーブランシュの17

かなり力があったと思われる母の初仔。
もう少し歩様に力強さはほしいかな…。

 

【スピードサイクルBAD判定の馬】

46 タイタンクイーンの17
47 ベッラレイアの17
48 ナイキフェイバーの17

 

金曜は、新馬戦の狙い目をお送りする予定です。
お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です