▼キャロットクラブ2018 1歳馬リスト最速診断 1種牡馬1頭産駒編(完)

キャロットC1歳馬リストの最終回は、1頭のみが募集されている種牡馬産駒たちの評価です。

なお正式発表に伴い、残念ながらリスト漏れした馬がいると思ったら、リストに新しく入ってきた馬もいますね。
なんとディープ産駒も1頭新登場?

激しい生存競争はすでに始まっているようです。

 

リストの見方

まだこれから鍛練を積む1歳馬なので、1頭1頭詳細な血統背景ではなく、最初に全馬スピード判定による分類を行います。

・スピードサイクルOK →馬体も良ければ推奨
・スピードサイクルぎりOK
・スピードサイクルぎりBAD
・スピードサイクルBAD
・判定不能

の5つに分けます。

OKとBADはそのまま(走る走らない)の意味ですが、ぎりOKとぎりBADは

その馬の誕生日が母のスピードサイクル境界日ギリギリに位置するので、OKがBADだった、あるいはBADがOKだったという可能性あり

の意味です。

よってどちらかといえば「ぎりOK」の方がコケて失敗する(ショックでかい)可能性が高く、逆に「ぎりBAD」が実はOKで思わぬ幸運をつかめることもあるでしょう。

馬体が良い、牧場評価高いなどの推し材料があれば、積極的に「ぎりBAD」までは狙っていけるかもしれません。

ぎりBADについては、こちらでも「狙えるぎりBADかそうでないか」を積極的にコメントしていきます。

またスピードサイクルOK判定の馬に限って、その馬の適性がわかる優先祖先と基礎体力値をご紹介します。

 

キャロットC1歳馬 1種牡馬1産駒 判定結果

【スピードサイクルOK判定の馬】

80 (外)ザガールインザットソングの17(牝・黒鹿毛)

 父 Honor Code(2011)
【優先祖先】 Nashua(1952)〜Jamestown(1928)
【基礎体力】 59(平均は50)
【適  性】 ダートor芝の中距離
 藤原英昭厩舎 予定

父のHonor CodeBold Ruler系のダート馬ですが、母父My Golden Song(2003)より活性が2段階低く、本馬に影響は与えていません。

その母父My Golden Songですが、この馬もその父Unbridled’s Song(1993)ミニマム活性期の産駒で、優先祖先は遠くNashua(1952)の系統をたどります。

Nashua産駒である5代前のFairway Flyerは、芝ダート兼用の名牝。
本馬のイメージはこのFairway Flyerに一番近いと思われます。

 

日本だとちょっと開花に苦労するタイプかもしれませんが、3代前のDixieland Band(1980)がゼロ活性Northern Dancerクロスが無効であるなど、字面よりはスッキリした配合に見えます。

他に生じるRaise a Nativeのクロスは弱いのですが、Seattle Slewのクロスはかなり強く残ります。
やはり適性はダートでしょうかね。

 

81 (地)タッチミーベイブの17(牡・黒鹿毛)

 父 マジェスティックウォリアー
【優先祖先】 Words of War(牝・1989)
【基礎体力】 66(平均は50)
【適  性】 ダートor芝の中距離
 地方競馬 予定

この馬も父が劣性期なので、母父E Dubai(1998)からWords of Warという活躍牝馬をたどります。

Words of Warは米G3等で長く活躍した牝馬で、娘のベガスナイト(2000)〜アメリカズカップ(2014)と最近日本でも牝系を延ばしているおなじみの系統です。

 

蛇足ですが、今年のセレクトセール2018で○○王子に買われたベガスナイトの18(父ハーツクライ)は、私的に今年一番のオススメ馬でした。
母ベガスナイトのMAX活性パワーがうまく継承されれば、大きいところを狙えますよ〜。

 

話を戻して、本馬はそうコテコテのダート馬とは思いません。
Words of War自身も芝をこなしましたし、スピードの保証もある。

所属して幸せなのは地方競馬かもしれませんが、中央勢にスピード負けすることなく、意外な大物に育つ可能性は指摘しておきたいです。

 

82 (地)グレイシアブルーの17(牝・鹿毛)

 父 アイルハヴアナザー
【優先祖先】 父の父 Flower Alley(2002)
【基礎体力】 75(平均は50)
【適  性】 ダートの中距離
 地方競馬 予定

こちらはきちんと父系を継承するコテコテのダート馬です。

 

3代母のMAX活性をはじめ、全世代において体力継承がスムーズに行われ、地方競馬で生き残る条件のひとつ「体が丈夫であること」を楽々クリアしています。

測尺結果だと今のところ小柄なようですが、山椒は小粒でぴりりと辛いの例え通り、小さなタフネス娘であることは間違いありません。

 

お、しかもよく見たら本馬は総額で最もリーズナブルなお馬さんですか?

ああ、これは買いですね。大井にでも所属してくれないかなぁ。
C1あたりで頑張ってもらって、毎年帝王賞の夜に応援に行きたいです。

こういう馬からキャロットライフを始めてみるのも無理がなくていいと思います。
(半分の4万円なら応募したかもなぁ)

 

【スピードサイクルぎりOK判定の馬】

1 レインデートの17 (父ディープインパクト)
39 メガクライトの17 (父パイロ)
83 (地)インプレショニストの17 (父クロフネ)

1番は私の記憶が確かならば、追加組ではないでしょうか。
サイクルにわずか2日しかかかっていないぎりOK判定なので、コスパ含めあまり良いお買い物とは思いませんが…。

それからまた1頭地方デビュー組が入ってきました。
こうしてみると、キャロットさんの地方組は捨てたものではありませんね。
むしろ経験値積みとしてはいい馬たちです。

 

【スピードサイクルぎりBAD判定の馬】

71 ヴェラブランカの17 (父エイシンフラッシュ)

今年キャロットさんで一番気になるアヴェンチュラの17の近親ですね。

あちらもわずか2日違いでぎりBAD、こちらもわずか3日違いでぎりBAD。
どちらも走るかもしれないし、どちらも凡馬かもしれない。

ただし、こちらはOK判定に復帰してもスピードサイクルの後半が確定的なので、期待はさらに半分といった感じですね。

 

【スピードサイクルBAD判定の馬】

24 ジャッキーテーストの17
36 カロンセギュールの17
37 レインオアシャインの17
73 カフヴァールの17
74 カラベルラティーナの17
76 トゥザレジェンドの17
77 スペクトロライトの17
84 (地)アンソロジーの17

 

【どうしても判定不能の馬】

72 ソラコマチの17

 

ちょっと裏話をしますと、最近本ブログへのアクセス数が急増しています(大したことはない)。

1番人気はこのキャロット1歳馬特集記事で、これは普通の検索でもかなり上位に来ます。

その他ですと、先日重賞を勝ったケイデンスコールのデビュー前評価記事(おめでとうございます!)など、2歳馬、新馬勝ちの馬たちを後追いで読んでくださる方が多いようです。

 

さあこれで大人気キャロットC2018の1歳馬診断が全頭終わりました。
私の夏休みをすべて費やしてしまいました(ドンヨリ…)。

募集開始までいよいよあと数日。
候補は絞れないと思いますが、そろそろどこかで踏ん切りを付けなければなりません。
そのときこの評価が少しでもお役に立てば幸いです。

またこの評価で何があっても責任は取りかねますのであしからず。
素晴らしいキャロットCライフをお送りください!

 

次回からは、もう募集は終わってしまったものの(追加はあり)、有力馬の宝庫であるサンデーRさんの1歳馬リスト評価をお届けしていく予定です。

どうぞお楽しみに。

▼キャロットクラブ2018 1歳馬リスト最速診断 1種牡馬1頭産駒編(完)」への3件のフィードバック

    1. ガロマルさん、コメントありがとうございます。

      あれ?78番スネガエクスプレスの17、ひょっとして抜けてます?
      と思って急ぎ調べましたら「?」判定のまま、リストに残っていました。

      というのはこの馬の母系がアルゼンチン産で、3代さかのぼったSpring Light(1983)がすでに誕生日のわからない馬だからです。

      その後あきらめずに近親等も調べまして、いちおう判定の流れは突き止めたのですが、結論を申しましてスネガエクスプレスの17は
      「BAD判定に近い?馬」
      だと思います。

      母スネガエクスプレスと17年度産駒の繁殖サイクルが真逆のため、母と娘の判定が揃うことがないからです。
      (母は奇数間隔年にサイクルを外れる「き×」、娘は逆の「ぐ×」)

      ちなみに14年産駒のサトノグランと母のサイクルは一緒「き×」で、これは親子で判定が揃う運命共同体になれます。
      (そしてこの「き×」が正しいサイクルかと)

      あまりお役に立てませんでしたが、貴重なご指摘ありがとうございました。
      これからもよいキャロットライフを!

  1. 丁寧な回答ありがとうございました。

    いつも大変楽しく拝見させていただき、参考にさせていただいています。

    これからも楽しみにしていますので、無理のないように頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です