▼ウインレーシングクラブ2019 1歳馬最速解説 牝馬編(No.20〜29完)

※最速解説のトリセツ2019(必読)

(1)前年同様、判定はOK、ぎりBAD、ぎりOK、?の4つに分類し、かつこの順に走る可能性が高いとみる

(2)?はBAD判定に加え、難解な判定のため見送った馬を含む。よって?の全部がBADではない

(3)今年は筆者からのオススメ、5つ星付けなどは一切しない(もちろん馬の長所を褒めることはたくさんある)

(4)記載データの写し誤り等が必ずあるので、正確な情報はクラブのHP等で確認のこと。あくまで18年度産駒の判定、分析を主とする

(5)現時点で筆者は実馬を一切目にしていない。判定は机上の計算と写真、動画を参考にした程度であることをご了解いただきたい

(6)この判定に沿って読者が指名、出資されたために起きた損害等について、筆者は一切の責任を負わない。この特集を読まれた方はそれらを全て理解した上で活用されたい

ウインレーシングクラブ2019 1歳馬最速解説 牝馬編

・募集番号 
・母馬名の18(今回はすべて牝馬)
・父馬名
・判定
・直前の兄弟との誕生日差(プラスの馬を推奨)
・何番目の仔か
 ※17年産の評価はなし

20 ウインプリメーラの18

初仔なので馬体が小さいのは仕方がないところです。

 父 モーリス
 →OK
 初仔

【 優先祖先 】 祖母エリモプリティーKris S.
【 基礎体力 】 59

ウインプリメーラは重賞勝ちの活躍馬でクラブ待望の初仔誕生ですが、モーリスとの間にはサンデーの4×3クロスが強く残り、配合的にはオススメできません。

優先祖先の祖母エリモプリティーKris S.からRobertoの影響が強く、母系の芝適性はここからきています。

本馬もそして母もこの祖母が優先で、こういう2代にわたって同じ祖先(しかも牝馬)を優先に持つ配合はあのネアルコにもみられるポイントです。

動画を見ると確かに小柄ですが、なかなかに整ったスタイルで、悪く映らないんですけどね。

母の仔を待っていた人のみに。

21 キャッシュインクルーデッドの18

母はもともと社台系の繁殖でしたが…。

 父 ヴィクトワールピサ
 →ぎりOK2日
 +6日 9番仔

【 優先祖先 】 Stop the Music ダート中
【 基礎体力 】 47

案外な成績で繁殖セールに出ていたところを御大が勝負!とばかり買ってみた母とのこと。

母系の中で一番活性が高いのは母父のIncludeというダート馬ですが、活性値は5ですからべらぼうに高いわけではありません。

しかしここまでの産駒を全部合わせても中央では未勝利。
ディープインパクトはじめ、キンカメ、ハーツ、タキオン…ちゃんとした種牡馬を付けているんですけどね。
ここぞというときに小さい仔が出てしまった感じもあるな。

本馬は母の初仔のインヴェストメント(父アグネスタキオン)と父の活性がいっしょで優先が同じ配合。

兄は初仔なのに大きく出ましたが、判定がぎりOK3日→BADだったらしく、中央3戦後金沢で少し走って抹消されました。

歩き姿にもう少しシャキシャキしたものがほしいですね。

24 サマーソングの18

初めて扱う牝系でちょっと注目しています。

 父 ダノンシャンティ
 →OK
 +3か月 3番仔

【 優先祖先 】 Nearctic
【 基礎体力 】 53

なにしろ近親にめだった馬がほとんどおらず、6代前まで地方競馬での活躍馬しかいない牝系。

ここから中央で4勝する母サマーソングがポッと出てくるのが正しい繁殖サイクルのすごいところ。

母の直系はぱっと見わかりにくいサイクルですが、少ない活躍馬をていねいに追うとすべて同じリズムでつながっていて安心できます。

母は祖母のマサノチャーミング(道営記念など)似で地方競馬で多くの活躍馬を出したパレスダンサーの影響が強く、優先はダートのスピード馬だったNearcticでよさそう。

しかしあまり仔出しが良くないようで、こういう繁殖はエネルギーが貯まったときにぽっと大物を1頭出すことがあります。

現2歳の兄ウインサンフラワー(父マツリダゴッホ)はぎりOK6日判定。
デビューが近いらしく、調教が進んでいますね。

動画の歩様もリズミカルで動けそう。
本馬は遅生まれですが、小粒でピリリと辛い系でしょうか。

28 マリアヴェロニカの18

母似の芝馬でしょうけど、サンデークロスが強いですね。

 父 スクリーンヒーロー
 →OK
 +12日 4番仔

【 優先祖先 】 マリアヴェロニカ
【 基礎体力 】 ★53

もろもろの強いクロスさえなければ、早期から動けそうで楽しめると思うんですが、辛抱強い人向けの物件ですね。

サンデークロスはじめもちろんNorthern Dancerもありますし、あえてトライすることもないかと。

動画内では中距離馬なので歩様のリズムはこんなもんだと思いますが、前肢の出に不満が残ります。

29 ウインミモザの18

この中で唯一地方でがんばる牝馬ですね。

 父 ロージズインメイ
 →OK
 初仔

【 優先祖先 】 Lt. Stevens ダート中
【 基礎体力 】 59

ウインミモザはセレクトセールで買われ、ケイアイテンジン(リステッド3勝)やマイネルバイカ(交流白山大賞典勝ち)の下ということもあり、繁殖入り。

競走成績こそ芳しくありませんでしたが、いちおう繁殖サイクルは正しくつながっているようです。

5代アウトブリードで、強い活性の種牡馬もいない繁殖なので、これから父似のいい仔を出すと思います。使いやすいです。

本馬はカタログにあるとおり、地方で走るならもっとたくさん食べて身につけなさい、という体ぶりですね。
初仔なので小さいのはある程度仕方がありません。硬さも許容範囲かな。

22 コスモエルデストの18 →?

23 コスモラパンの18 →?

25 ノーモアクライの18 →OK見送り

26 ヒカルラブリーアイの18 →?

27 フリーヴァケイションの18 →?

これでウインRC2019特集は終了です。

次回もいろいろ考えたんですが、セレクトセール2019までまだ間がありますので、また予定を変更して系列のラフィアンさんの1歳馬でも見てみますかね。

ラフィアンさんは頭数もうちょっと多めですね。
5回シリーズくらいかな。なにせ気まぐれでやっておりますので、どうぞ気楽にお付き合いください。

なお金曜日は3歳戦のラジオNIKKEI賞特集を予定しています。

そして今夜は帝王賞ですね。

5年くらい前までは毎年大井に行ってましたが、ちょうどその頃から古いスタンドが改修されてきれいになりました。

古い思い出しかありませんが、赤と白のモツをほおばりながらゴール前のオープンぼろスタンドで生ビールをグビグビやってた頃が懐かしいです。
焼きおにぎりとか、ちからうどんなんかもあったかな。4Rくらいから酔ってました。

そういえば場内の売店も今はだいぶ様相が変わったようですね。
チェーンのそばとか牛丼だとオジサンにはちょっと寂しいんですよ。

まだ外でタバコが吸えた時代で、場内は煙がモクモクしてましたっけ。
私も年に一度大井に行ったときだけ、外のコンビニでタバコ1箱買ってました。
変でしょ?残ったら次の日捨てちゃうのに。

やりたい放題やってましたね。
今は酒もタバコもやらなくなりましたが、でももう一度くらい大井に行ってみたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です