▼東京サラブレッドクラブ2019 1歳馬最速解説(No.16〜20)

今回は?判定がなく、紹介する5頭全てに可能性があります。
ある意味すごいことです。

※最速解説のトリセツ2019(必読)

(1)前年同様、判定はOK、ぎりBAD、ぎりOK、?の4つに分類し、かつこの順に走る可能性が高いとみる

(2)?はBAD判定に加え、難解な判定のため見送った馬を含む。よって?の全部がBADではない

(3)今年は筆者からのオススメ、5つ星付けなどは一切しない(もちろん馬の長所を褒めることはたくさんある)

(4)記載データの写し誤り等が必ずあるので、正確な情報はクラブのHP等で確認のこと。あくまで18年度産駒の判定、分析を主とする

(5)現時点で筆者は実馬を一切目にしていない。判定は机上の計算と写真、動画を参考にした程度であることをご了解いただきたい

(6)この判定に沿って読者が指名、出資されたために起きた損害等について、筆者は一切の責任を負わない。この特集を読まれた方はそれらを全て理解した上で活用されたい

東京サラブレッドクラブ2019 1歳馬最速解説(2)

・募集番号 
・母馬名の18(性別)
・父馬名
・判定
・直前の兄弟との誕生日差(プラスの馬を推奨)
・何番目の仔か
 ※17年産の評価はなし

16 ルーヴインペリアルの18(牝)

父 Golden Horn
→ぎりOK8日
なし? 4番仔?

【 優先祖先 】 Nureyev
【 基礎体力 】 28

基礎体力低い上に、NureyevNorthern Dancerのクロスがやたら強くて、見送り。

17 ジェイムの18(牝)

 父 Fastnet Rock
 →OK
 +2か月12日 3番仔

【 優先祖先 】 Fastnet Rock
【 基礎体力 】 63

デインヒルの2×4という挑戦的なクロスがあり、それがちょうど父Fastnet RockのMAX活性期直前と相まって、強調されている配合です。

これが反対にFastnet Rockのゼロ活性ならば相当褒められる配合なのですが…。

祖母のジョコンダⅡライトニングパールサトノクラウンなどを出した名牝ですが、自身もミスプロ系の直近2度がけで生まれた牝馬。

そこへ今度はデインヒルの2度がけを行ったのが本馬であり、なんとなく意図的なものを感じます。

この母のデインヒルを活かした配合はこれではないと思うので、日本においてサンデー系の種牡馬をかけたときにどうなるか、また見てみたいと思います。

実馬はもう少しトモに力強さがほしい感じです。

18 プレミアステップスの18(牡)

 父 ディープインパクト
 →ぎりOK1日
 −1日 3番仔

【 優先祖先 】 母プレミアステップス 芝マイル
【 基礎体力 】 ☆78

母にはハーツクライジャスタウェイときて、いよいよこの年ディープインパクトが付けられましたが、そのどれもが同じようにリファール〜Alzaoのラインとクロスするので、結局あまり面白くありません。(言ってもハーツ親子だししゃーない)

プレミアステップスは母父Foot steps in the sand(読みやすいようにあえて区切ってみた)優先のマイラーで、付ける種牡馬がMAX活性期以外はこの母父の影響でほとんど芝のマイラーを出すと見ていいでしょう。

祖母PrimissimaからはMAX活性(☆)を継いでおり、基礎体力には不安なし。

あとはぎりOK1日というそれこそぎりぎりの判定と、17年産との誕生日が近いことをどう見るかですが、自分ならあまり深追いしないタイプです。

19 リュズキナの18(牡)

 父 ディープインパクト
 →OK
 +1か月 2番仔

【 優先祖先 】 母リュズキナStorm Bird
【 基礎体力 】 50

これもNorthern Dancerのクロスが相当強い馬です。

母のリュズキナは不出走ですが、母父Storm CatMAX活性産駒で、これも産駒のほとんどが母似になると想像できます。

このStorm〜系はNorthern Dancer活性が強い系統のひとつで、今回は出口のStorm CatMAX活性のおまけ付きですから、この母にはたとえ父系1滴のNorthern Dancerであっても劇薬になりかねません。

動画では少し寸の詰まった体型というより脚が長く見えるので、これまでの馬とはやはりどこか適性が異なるんだろうなという感じです。

流星も白もありませんので、ディープインパクトの形ではないですね。

20 レッドファンタジアの18(牡)

 父 ディープインパクト
 →ぎりOK2日
 −1日 4番仔

【 優先祖先 】 母レッドファンタジアUnbridled’s Song
【 基礎体力 】 59

優先祖先はいくつか候補があります。

母父Unbridled’s SongはMAX活性かゼロ活性か微妙な位置ですが、ここまで本馬の全ての全きょうだいが芝をこなしていることから、おそらく彼はぎりMAX活性で、産駒は彼の母系(芝向きのLucky SpellTrolley Song)の影響があると思われます。

もしこのUnbridled’s Songゼロ活性だともう1つのMAX活性である4代父Phone Trickが優先候補になるので、この系統が優先だとどこをどう切ってもすべて産駒はダートの短距離系になるはずだからです。

いずれにしろ、本馬は母と同じ左後一白の青鹿毛(母は黒鹿毛)で、母似であることは間違いありません。

ただし、毎年母にディープインパクトをつけているうちにディープの活性が高まって古い芝向きの祖先まで引っ張らなくなりましたので、本馬あたりからそろそろUnbridled’s Songダート適性が高まって来る可能性はあります。

動画の実馬の歩様は十分柔らかいですけどね。

次回はセレクトセール2019高額馬の総括を予定しています。

1歳馬セールの録画を見ましたが、今年もすごい馬が出てきましたね。
なお当歳セールは録画していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です