▼セレクトセール2019まとめ 誰も知らない高額取引馬の本当の姿を暴く

今年生まれたばかりの仔に4.7億とはビックリ!

日本にいるサラブレッド有力若駒の今後を左右する重要なサマーセッション・セレクトセール2019が今年も盛況のうちに終了した。

やはり「あるところにはある(by money)」ことを印象づけたセリ風景だったが、それにしても今年生まれた当歳馬に4億7千万円とは…。

しかしサラブレッドは走る芸術品。走らなければ一銭の価値もない存在に成り下がってしまうわけで、そういうところが骨董や絵画とはまた違ったスリルとロマンをかき立てるのかもしれない。

今回は1歳と当歳の高額取引馬から何頭かピックアップし、その配合と将来性について辛口で語ってみる。

セレクトセール2019 1歳馬高額取引馬の横顔

51 ミュージカルウェイの18(牡)

 父 ディープインパクト
 →ぎりBAD10日 
 +1か月 9番仔

【 優先祖先 】 ディープインパクト
【 基礎体力 】 72
 落札価格 3.6億

全姉ミッキークイーン(オークス、秋華賞勝ち)とはいわゆるトレードオフの関係にあるのがこの弟。

ポイントのひとつは基礎体力であり、もうひとつはNorthern Dancerのクロスである。

ミッキークイーンが種付けされた2011年は、父ディープインパクトと母ミュージカルウェイミニマム期にあたり、父由来のNorthern Dancer活性が弱まる(0.218…<1世代分)代わりに基礎体力も低い。

いっぽう本馬が種付けされた2017年は、父母の活性値がともに7の高活性。
ゆえに母から基礎体力は十分引き継いだが、父由来のNorthern Dancer活性はかなり高まっている(1.531…)。

どちらがいいかは軽々しく言えないが、姉が走った血統背景にNorthern Dancerクロスからの解放が寄与したことは間違いなく、基礎体力で見て上の弟が姉同様に走るかについては疑問も残る。

27 シンハディーバの18(牡)

 父 ハーツクライ
 →OK 
 +1か月 3番仔

【 優先祖先 】 Montparnasse(=サンデー)
【 基礎体力 】 ★81
 落札価格 2.7億

見た瞬間すぐにサンデー系とわかるその風貌。

今年はハーツクライの評価も二極化し、ダメと見られるハーツ産駒には全く声がかからないことも多かった。

ちょっと遅咲きだし、腰がパンとするまでに時間もかかるし、完成したらこんなに心強い相棒はいないんだろうけど、まあ根気のいる種牡馬であることは間違いない。

でも高馬の中にはやっぱりハーツが含まれるんだよなあ。(この年はMAX活性

4系統配合は、サンデーミスプロサドラーフォルリとバランス良し。
5代中にクロスなし。
歩様もいい。

二千までなら鬼のように強い感じ。
自分なら一も二もなくこの仔が1歳馬のMVP。

246 マラコスタムブラダの18(牡)

 父 ハーツクライ
 →OK 
 +3週間 3番仔

【 優先祖先 】 母マラコスタムブラダ
【 基礎体力 】 83
 落札価格 2.3億

同じハーツ産駒でも、こちらはもしかしたらタッチの差で4代父New DandyMAX活性の方が強いかも。形もサンデー系のそれではない。

まあ母似だとしてもやっぱり芝の中距離以降がいいんでしょう。

Northern Dancerクロスが強いのと、後ろから見たときに馬体の左右のバランスが少し悪く感じません?左側だけが発達気味というか。
その2つがどうしても気になるけど。

他の高額1歳馬は基礎体力に不安がある組が多い。

またブログで事前にチェックした組では

・15 エレクトラムの18(牝)
 父 ハーツクライ

・200 スカーレットリングの18(牡)
 父 トーセンラー

が当日も良く見えた。

エレクトラムの仔は冠名「チュウワ」で知られる中西忍氏が、スカーレットリングの仔はアルクトス(先週プロキオンS勝ち)の馬主でも知られる山口功一郎氏が購買されたよう。

どちらも現在の馬主運は最高潮!

セレクトセール2019 当歳馬高額取引馬の横顔

当歳馬については事前情報が全くないので、詳細な解説ではなく、2億円を超えた馬に簡易的な評価を付けておく。

358 タイタンクイーンの19(牡) →?

落札価格 4.7億

当歳馬ではこの仔の評価が一番物議を醸す気がする。

今回の高額取引馬特集では1歳も当歳も上位10頭ほどを調査したが、面と向かって?判定をしたのはこの馬ともう1頭くらい。
あとは悪くてもぎり判定に収まったので、さすがだなあと感心していた。

しかしこの仔は今年一番の目玉でありながら、一番怪しい存在であるといえる。いっそ予想が外れてくれた方がありがたいが…。

400 ベネンシアドールの19(牡)

 父 ディープインパクト
 →ぎりBAD4日
 なし 9番仔

【 優先祖先 】 母ベネンシアドールデニムアンドルビーと同じ)
【 基礎体力 】 53
 落札価格 2.9億

Northern Dancerクロスあり

ほとんど全姉デニムアンドルビーと考えていい馬。

382 アドマイヤテンバの19(牡・芦毛)

 父 ロードカナロア
 →OK
 +12日 5番仔

【 優先祖先 】 Roberto 芝中
【 基礎体力 】 59
 落札価格 2.7億

クロスなし

カナロアも劣性期入りして、今までほとんどいなかった母似の芦毛産駒が今回チラホラ…。

344 アドマイヤセプターの19(牡)

 父 ドレフォン
 →ぎりBAD1日
 −5日 4番仔

【 優先祖先 】 母アドマイヤセプター キンカメ
【 基礎体力 】 59
 落札価格 2.5億

Raise a Nativeクロス強い
誕生日間隔マイナス注

ダイナカール系で2頭ランクインはすごい。
ドレフォンの評価が高いことも覚えておくといいね。

526 ライフフォーセールの19(牡)

 父 ハービンジャー
 →OK 
 +1か月10日 6番仔

【 優先祖先 】 Ski Champ(1986) 芝クラシック(兼ダート)
【 基礎体力 】 52
 落札価格 2.2億

リファールクロス強い

今年さんざん見たライフフォーセールも19年産は全くタイプの違う仔に。
でもここから3年くらいライフフォーセール産駒は走るよ〜。

ハービンジャーの評価がまだ高いのも驚き。

320 アゲヒバリの19(牡・芦毛)

 父 ロードカナロア
 →OK
 0日 10番仔

【 優先祖先 】 ブルーアヴェニュー(1990)
【 基礎体力 】 66
 落札価格 2.1億

ヌレイエフクロス強い

この仔もカナロアの芦毛。
これからはどんどん母似で面白い形のカナロア産駒が出てきます。

で、もしかしたらこの仔は本当にダート馬かも。
さっきの芦毛クンも小笹オーナーの購入だけど、さて使い分けをどうするかな?芝ダートの両輪ならおもしろいね。

373 ヤンキーローズの19(牝) 

 父 ディープインパクト
 →OK
 初仔

【 優先祖先 】 ディープインパクト
【 基礎体力 】 ★66
 落札価格 2.1億

Northern Dancerクロスあり

見るからにディープインパクトできれいな仔なんだけど、牝馬で2億はやっぱすごいわ。これに2億の価値を見いだせるのが金子オーナーのスゴさかな。

初仔でディープだからまずは馬体の成長度合いがカギでしょうね。

これにてセレクトセール2019特集は終了。

次回からまた東京サラブレッドクラブ2019特集に戻り、シルクHCさんを待っている間に動画投稿の準備もしようかと。

シルクさんとキャロットさんの特集前に「今年気をつけてほしい種牡馬」(劣性期)の話をしたいのですが、動画じゃ間に合わないかな。

暑い夏がすぐそこまで来ていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です