▼ノルマンディーOC2019 1歳馬最速解説(No.1〜7)

フェデリコ・テシオの血統理論がよみがえる
YouTube【 ドルメロの魔術師チャンネル 】

絶賛解説中!いつもご視聴ありがとうございます。
今週も動画出す予定です。

さて夏のキャロットC祭りから早2か月。
その間、種牡馬特集号騒動やOK判定新基準採択などもあり、クラブ馬紹介はこのシリーズから装いも新たな解説が始まります。

詳細はトリセツ「改」を読んでいただくとして、果たしてこれがどれほどサラブレッドの真実に近づいているのか興味深いところです。

ノルマンディーOC2019特集は3回シリーズの予定です。

※最速解説のトリセツ2019改(必読)

(1)判定はOK、?の2つに分類し、走る可能性が高いOK馬だけをご紹介する

(2)?の全部がBAD判定ではない

?にはBAD判定に加え、たとえOK判定でも虚弱、初回発情10日間ルール、強い多重クロス等のため見送った馬を含む。

(3)今シリーズから「隠しスパイス」という評価項目を設ける

隠しスパイスとはその馬が持つスピード「強化」の可能性を評価したもので、今はまだ詳細を公表できないが、ある馬だけ なし<♪<♪♪…で表す(不明は?で)。
ほとんどの馬には存在しないが、あくまで「強化」スパイスなので♪がなくても悪いことは一切ない

(4)筆者からのオススメ、5つ星付けなどは一切しない

もちろん馬の長所を褒めることはいくらでもある。

(5)記載データの写し誤り等が必ずあるので、正確な情報はクラブのHP等で確認のこと

あくまで18年度産駒の判定、分析を主とし、17年度産の判定は行わない。

(6)現時点で筆者は実馬を一切目にしていない

判定は机上の計算と写真、動画を参考にした程度であることをご了解いただきたい。

(7)この判定に沿って読者が指名、出資されたために起きた損害等について、筆者は一切の責任を負わない

この特集を読まれた方はこれらを全て理解した上で活用されたい。

ノルマンディーOC2019 1歳馬最速解説(1)

・募集番号 
・母馬名の18(性別)
・父馬名
・何番目の仔か
・隠しスパイス
【 優先祖先 】 
【 基礎体力 】 

2 アンカジャポニカの18(牝)

 父 マツリダゴッホ
 3番仔
 隠しスパイス ?

【 優先祖先 】 マツリダゴッホ
【 基礎体力 】 75

先に新馬を勝った全兄のシコウと配合いっしょだろなぁと思っていたら、どうもアニキは母似らしくてこの仔は父似ですね。

それでも目指す方向性に違いはなくて、どちらも芝の中距離あたりでいいところがあるタイプです。

その全兄と誕生日いくらも違わないのに今年も推してくるというのは珍しいケースだと思いますが、本来はこの仔のサイクルき×ぐ○が主流ではないかと見ているからです。

3代母のAnka Germaniaこの馬はまちがいなくき×ぐ○ですし、分枝のクリスマスウィークは10日間ルールでき○に鞍替えしたみたいですが、祖母のAnka Britanniaは10日間ルール該当でありながら、その日がき×ぐ○だったのでそのままサイクル続行、走る馬はシコウ以外き×ぐ○に出ているので、本馬もイケるかなと考えました。

ただ逆も十分あり得る危うさは抱えていますので、本馬の成績如何ですべてが決まるでしょう。

Never Bendの強めクロスがあるので、気性など走るうちにどう変化するかは兄の様子が参考になるはず。

動画を見ると歩様自体はまっすぐで、右前肢がやや外向?してるかなといった程度。さほどの心配はないと思います。

3 アルボランシーの18(牡)

 父 ヘニーヒューズ
 3番仔
 隠しスパイス なし

【 優先祖先 】 ロックオブジブラルタル
【 基礎体力 】 56

この仔も兄の全弟なんですね。

本馬の優先は母父ロックオブジブラルタル(MAX活性)ですが、兄ネルハ(ローレル)は優先がその母Offshore Boomに移ります。といってもこれらの形はすべて5代前のBold Lad(1964)に集約されますので、本質的には芝のスプリンターっぽい適性があります。

アルボランシーOffshore Boomが優先で主にダートの短距離を走りましたが、よく見ると500万下ではダート重馬場の時だけ好走し、ダメでも重なら時計ひとつ負けていなかったりと、やっぱり軽い馬場が必要なダート馬でした。パワー型ではないんですね。

スピードが足らないのか、体が硬かったのか…本馬も同様で動画を見るかぎり動きは軽快とは言えません。前肢が内向気味ですが、これは気にするほどでも。しかし全体像はどうしてもダート系に感じます。

日本でのロックオブジブラルタル産駒も同様ですかね。動きは決して軽くないですし。ロックオブジブラルタル自身はデインヒルNorthern Dancerゼロ活性で成功しましたが、本馬と兄はもう片方のNorthern Dancerクロスが残ってジャマしています。

これが父ヘニーヒューズの劣性期産駒だとまた話が違ってくるのですが、そのへんは今週の動画内で。

6 キョウエイハツラツの18(牡)

 父 ブラックタイド
 9番仔
 隠しスパイス なし

【 優先祖先 】 ブラックタイド
【 基礎体力 】 69

4足ソックスが目に鮮やかな馬体ですが、きょうだいとは違いこれは芝馬の可能性あると思います。

キョウエイハツラツのファミリーは3代父ミシシツピアンMAX活性(☆)のため、産駒の適性が芝の長いところやあるいはダートということになるんでしょうが、本馬は違います。

2つ上のクラブ募集馬ヴィヴァンフィーユは父ゴールドアリュールMAX活性産駒なので形も栗毛(兄弟初)に出た上でのダート馬でしたが、本馬の第1段階では父ブラックタイドMAX活性★)から芝を走る形に出ていると思います。

ただ弟ディープインパクト同様兄もNorthern Dancerクロスは強め。
そして母系にもこれまた王道のサドラー系ですから、クロスの弊害はある程度覚悟しなければなりません。

動画ではときどき外弧歩様を見せますが、これは収録が放牧地というせいもあるので合格点です。脚長できれいな動きですが、もっとシャキシャキしてほしい感じはします。大跳びなのかな。

1 フィアレスの18 →?

4 エレガンテココの18 →? 基礎体力28

5 カネツスペシャルの18 →? 10日イベント

7 サイレントソニックの18 →? サンデー&リファール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です