▼冬の小倉で1000万馬券を獲るプロジェクト2020(4)

YouTube動画ご覧いただき、いつもありがとうございます。今回はちょっと不手際あってお恥ずかしいですが、今後も温かな目でお付き合いください。

アップ後に1度自分で再生して配信状況に問題ないことを確認するんですが、そこで気がついても後の祭りってね…。昨日はスマホでのYouTube再生状況も悪くて(途中で止まった…)なにか胸騒ぎしたんスけど…。

まあうちの登録者の方はみなさん競馬のベテランですし、脳内でいいように読み替えてスルーしてくれるだろうという安心感はあります。

土曜小倉10Rあすなろ賞 考察

アイロンワークス Bold Bikini(ダ・マイル) 63
ウインアステロイド ディープインパクト ★50
ウインローズブーケ ロージズインメイ(ダ中) 69
エンデュミオン Bramalea(ダ・マイル〜) 31
コスモブルーノーズ 母コスモスカイライン(〜芝マイル) 63
サトノインプレッサ 祖母〜Pleasant Tap(芝ダマイル〜) ☆☆78
スペースシップ 母ジャズプリンセス(芝マイル) 63
ディープハーモニー 母〜Assert(芝クラシック) 81
トランシルヴァニア オルフェーヴル 53
ファルコニア Hawk Wing(芝マイル〜) ★63
マートルフィールド Sunrise Flight(ダ中) 66
ミャゴラーレ ラヴアンドバブルズ(芝中) 53
メデタシメデタシ サラトガデュー(ダ・マイル) 25
レザネフォール キンカメ ★50
ロッソモラーレ リリーオブザナイル(ダ・マイル) 47

先週は土曜までがんばって特注馬を考えていたのだが、肝心の小倉の芝コースが急回復し、千二で1分8秒台、二千でも2分を切る状態にまでリカバリーしてしまった。

最低でも稍重馬場を所望していた自分にとってはちょっと予想外の回復ぶりで、次の日曜は手を止め、テレビで黙って菜七子チャンだけを追いかける一日となった。

ただし春の足音近づく小倉ではあるが、今週は週中に2度ほど天気が崩れるらしいので、稍重は間違いないのでは?

ということで仕切り直して、今週小倉で走りそうな馬たちを早めにピックアップしておいた。週後半はフェブラリーSの解説動画に着手しなければならないし。

2頭が突き抜けて正直あとはドングリのなんちゃら

土曜小倉10Rあすなろ賞。この時期の3歳1勝クラスは素質の上位下位も考えなくてはならないだろうから、あまり人気にはこだわらない。

まず目に飛び込むのは、サトノインプレッサ(父ディープインパクト)。

すでに10月に京都の重馬場をアッサリ抜け出して勝ったのに、ここまで待機しながら基礎体力☆☆78という贅沢さ。まあ人気だよね、そうだよね。

今の小倉では一番重宝する芝ダート兼用適性でもあり、これはちょっと馬券から外しがたい。

また同じ矢作厩舎でもこっちはゴドルフィンのマル外産駒となる、マートルフィールド(父Siyouni)は新馬を勝ってまだ間もないローテーション。

こっちはSunrise Flightというダート系が優先だけど、この系統は将来Pleasant Colonyを出しているから芝もそんなに悪くない。

矢作厩舎、どうするのかな…と思ったらなんと2頭とも共同通信杯に登録あるじゃん!これじゃあ小倉へはおいそれと来ないな。よくて京都のこぶし賞止まりでしょう。どっちも重賞願望の強い馬主さんだし。

でもこの2頭が抜けると、あとはボチボチなんだよね。基礎体力がある馬はバンバン使いながらここに来てるし、あれ?トランシルヴァニアは去勢明けかぁ…冬の間に馬たちもいろいろあったんだなぁ。

★馬のファルコニアもレザネフォールも上位厩舎で人気だろうし、とにかくここは矢作厩舎の作戦ひとつで大きく変化しそうなレースだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です