▼ドルメロも夏休みをとります 関越S ソッサズプレイ

本日からウインRCのデータ販売始まります

さすがにここまで走り続けた疲れもあるのか、体のいろいろなところにガタが来ていて、ちょっとやられ気味です。

もともと夏は好きじゃないので、毎年いかにやり過ごすかが課題の人ですが、こんなことではまだ8月に入ったばかりというのにこの先思いやられます。あ、でも寝込んでいるとかコロナにかかったとかそういうことではないので、どうぞご安心を。早く秋が来ないかなと思っている今日この頃です。

本日からウインRCのデータ販売が始まりますが、ここまでたくさんの方にデータをご購入いただき、本当にありがとうございました。順調ならば、残すはグリーンファーム愛馬会、キャロットC、ノルマンディーOC、そしてロードHCさんだけになりました。

週末は競馬を見ながら記事をまとめているのですが、日曜新潟のメイン関越Sでソッサズプレイという馬がどん尻人気で③着に入り、高配当を授けました。おそらく誰もがこの馬の好走にひらめく時間は一瞬もなかったと思うのですが、ウインRCの記事を書き上げたばかりの私には、何かの暗示のように思えてならなかったので、以下ちょっとここに記しておきます。

ソッサズプレイの父はコンデュイット

コンデュイットはビッグレッドFに導入された種牡馬の中でも、思いっきりやっちまった系の失敗種牡馬だったと思います。まあ今でも軍団の牝系にはポツポツと名前こそ見かけますが、やがてどこかに消えてしまうのかもしれません。

今回のウインさんの記事でもこの点に少し触れています。なぜ彼があんなに見事にすっころんだのか、彼の血統の本質はどこにあるのか、これを見ておくことで、今後も新しい種牡馬の評価に役立つわけです。

今日販売なので内容までは詳しく言いませんが、ソッサズプレイはその父コンデュイットのぎりぎりMAX活性産駒であり、日本でコンデュイット産駒が活躍するためには、こうなるだろうなというお手本?のような存在でした。

その流浪の旅をふり返る

ソッサズプレイはコスモビューファームの生産馬。1歳オータムセールで税抜き190万円で落札され、2歳時に地方門別でデビューしました。2戦目で早くも勝ち上がったものの、アタックChは距離が短すぎたのか善戦止まり。そこから距離がマイル近辺に延びてまた勝ち、冬の2歳重賞まで堅実に走りました。

その後南関・船橋に移籍すると、なんといきなり3連勝してすぐにOP街道に乗ってしまいます。クラシック戦線でも意外に崩れず、3歳のOP・東京湾Cを勝つなど、マイル近辺でずっと堅実に走り続けます。

しかし5歳の秋になり、さすがに2歳から走り続けてきた彼の成績にもやや陰りが見えてきます。本来ならこれでお役御免になってもおかしくなかったのですが、そこで陣営は何を思ったのか、突然彼を中央入りさせ、さらにディセンバーSを一走させた後、今度は障害馬としてデビューさせるのです。

ところがこのソッサズプレイのスゴいところは、難なく新天地の障害レースにも早くから慣れてしまったところ。未勝利脱出まであと一歩までこぎ着けます。

するとなんとここでまた運命の歯車が逆転。突然彼は再び平地競走に戻り、しかも去勢までされて、中央のOP競走を走ることになったのです。

そして平地復帰4戦目にあたる関越Sで見事に③着入着、東京湾Cを勝ったとき以来の高賞金600万円あまりを手にしたのでした。

コンデュイットのどこを受け継いだのか

今でも私はソッサズプレイに本当に適していたのは「障害戦」ではなかったかと思っています。父のコンデュイットはセントレジャー(14.6F)の勝ち馬で、10Fではスピードが足らなかった馬ですから、その形をまともに継いでいるソッサズプレイはきっと遺伝子T/T型だったろうと。

しかしどうも障害戦のペースでは闘争心がありすぎたのか、去勢の憂き目に。

また種付けイベント的には、彼は「表・自然サイクル①回目種付け」にあたるので、それを見せられればローカルのOP芝なら走れる要素があったと見ますけど、馬柱だけを見てこれは走るぞと思う人はいないでしょうし、また彼の適性の本質がどこにあるかわかる人も(陣営も含めて)いなかったはずです。

しかし彼は中央入り初戦のディセンバーSを1.1秒差の1.48.4で走破、前走の巴賞では0.3秒差の1.48.3で走破と、どうもこの辺に狭いながらも激走のピンポイントがあることを示唆し始めます。

そして迎えた関越S。地方重賞勝ちと同じ平坦の左回り、そして馬体重がベストの440キロ台(全ての好走レースで455キロ以下)に絞れ、順調に使っての千八叩き3戦目と、舞台はすべて整っていたわけです。

にしても、ここでまさかコンデュイットのMAX活性産駒に会えるとは思いもしませんでした。彼の旅路をふり返ると、競走馬としてはいろいろ試され開花したという点で、ある意味幸せに思えますし、また適性の外で走っている馬が意外と多いことも改めて知らされた思いがします。

競馬って、やっぱり奥が深いものです。

ドルメロは夏休みに入ります

夏前半の動画は基本的にデータ販売告知のみに絞らせていただき、それがない週はお休みです。グリーンファーム愛馬会さんはカタログまだ来ないようなので、9日ではなく16日になるかも。キャロットさん動画は9月1日〜募集開始なので、30日アップでしょうね。夏後半体調が上がってきたら、いろいろ企画したいと思っています。元気なら不定期動画出します。

暑さ続きます。みなさまも お体どうぞご自愛を。

▼ドルメロも夏休みをとります 関越S ソッサズプレイ」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです。
    今年ウインに入会検討していたので先程セットで購入しました。
    牝馬2頭を検討していて片方は動画で紹介されてたWプリメーラで、もう1頭もきちんと厳選6頭の中に入っていたので安心したと同時に心強かったです。ありがとうございます。

    購入した読み物はまだ全部読めてないのでこの後楽しく読ませて頂きます。

    まだ暑さも続きますので適度に休んでご自愛の上お過ごしください。秋のノルマンも楽しみにしてます。

    1. たくみさん、お久しぶりです。
      ご購入いただきありがとうございます。
      ウインさんは自然系イベントの多いクラブですので、毎年どこかに大物が潜んでいるはず。
      ぜひ引き当ててください。

      秋のノルマンディーOCさんまでいけば、ちょっとゆっくりできそうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です