ローズS2021 春の勢力なかなか強いけど新しい血を見つけたい

発表会を見ずにiPad mini6を注文したドルメロです

もう深夜2時までなんて起きてられんわ。発表会も見ずに朝注文し、その夜YouTubeで確認してニヤニヤしている信者です。

それにしても今回のiPad miniは高評価ですなぁ。本当はiPhoneの発表会じゃなかったんスか? 新型iPhoneが肩透かしだったのか、リーク情報多すぎて確認作業になっちゃったのか、とにかく各所でiPad miniを褒めすぎですよ。

さあ連休が終わったら、いよいよ新型Switchの争奪戦ですね。長らくビックカメラで買い物していなかったせいで、Switchの予約権がないことに気がついてしまいました。しかもあと10日遅く買い物していれば権利あったのに。

そうかマイク買ってもう2年近く経つんだなあ。YouTubeもよく続いているわけだ。

札幌記念、紫苑Sを見るにつけ

札幌記念のソダシ、紫苑Sのファインルージュの横綱相撲を見ると、3歳牝馬春の主力勢はなかなかに強かったとあらためて感じる。

とくにファインルージュは「距離も大丈夫」とオークスで推した1頭だけに、力の違いを見せてくれたことにホッとしている。

そんなわけで他の紫苑S組から本番出てきそうな馬は期待薄ということで、打倒ソダシはローズS組に託された。

ローズS2021 出走予定馬

★イリマ 自然① +1 キズナ ☆72 ノースヒルズ 夏デビュー夏勝ち
未勝利 中だるみ1.9 4−3
都井岬特別 中だるみ1.5 4−4

エンスージアズム 自然② −1
アイコンテーラー 自然① −2 Java Gold 47
スパークル ー①
クールキャット 自然① +6 3日早 〜ニジンスキー
メイショウオニユリ 初回発情 4.17
ストゥーティ 初仔 3.1
オータムヒロイン 自然① −1 母〜サドラー 66
タガノパッション ー①
エイシンヒテン 空胎後 2付

★プリュムドール ー①◎ 父ゼロ Caro 56〜 夏デビュー夏勝ち
未勝利 持続1.5 6−8
①勝C 中だるみ2.3 7−5

アンドヴァラナウト ー①
コーディアル 初仔 5.17付
アールドヴィーヴル ? +8日

★オパールムーン 自然①? −3 リアルシヤダイ 夏デビュー夏勝ち

タガノディアーナ 自然① −2 Fappiano
オヌール 自然① +5 Mountain Flower
レアシャンパーニュ ー①

わかりやすく注目馬に★を付けたが、やっぱり新しい血を追ってみたいということで、この中からはイリマ、プリュムドール、そしてオパールムーンを紹介しておこう。

なお3頭とも「夏デビュー夏勝ち」の三夏適性馬でもある。

日曜中京の馬場がカギだが……

新潟と違って、中京はいったん馬場が悪くなると一日ではパンパンに戻らないコースと見るので、血統でいえばダート適性よりもできれば芝適性がほしいところ。

まずイリマ(前日7番人気)は父似のキズナ優先馬。ドルメロの中でキズナ産駒は時計勝負より稍重くらいがちょうど合うイメージなので、日曜の馬場はフィットする。

ノースヒルズ産には珍しい自然①サイクル誕生馬で、基礎体力も高い。勝ち上がりに時間を要したが、新馬のステラヴェローチェはじめけっこう強いところと対戦しており、ここ2戦の連勝こそが本来の力。

とくに前走都井岬特別は、中だるみながらラップ差1.5秒の持続に近いレースラップを4番手追走、短い直線だけで4馬身突き放す内容が優秀。中京二千も2回経験済みで、混戦ならこういう馬が怖い。

次がゴールドシップ産駒のプリュムドール(前日9番人気)。ノルマンディーOCの所属馬。いま私が追っているタイプの薬剤サイクル種付け馬だ。

しかし本馬は父のゼロ活性馬で、ゴルシの影響はなく、優先祖先は欧州でも一番日本適性のあるCaroの系統になる。やっぱり中京の稍重をイメージしやすい仏芝系統で、しかも実際に未勝利をこのコースで勝っている。

その未勝利戦が持続1.5秒の優秀なラップで、かと思ったら次戦の1勝Cではラップ差2.3秒という中だるみ戦をこなしての連勝。もちろんその前に距離12ハロンをこなしているが、こういう馬は絶対に距離が保つ。3頭の中ではペースに左右されない自在性が武器となる。緩んだペースならこっちの方が怖い。

さて最後のオパールムーンだが、人気どおり(前日13番人気)この馬が一番穴っぽい。

力はある。ただ脚質が追い込み一手で自分からは動けないからすごくムラっぽい。いかにもノリちゃんが好きそうな馬ではあるが……。桜花賞もオークスもスキップし、今回は半年以上の休み明けだから皆忘れてしまったかもしれないが、なにせ2歳時はファンタジーSであのスピード狂メイケイエールの②着、フィリーズレビューでは1番人気に推された存在。力がないわけがない。

加えて立て直した復帰初戦が芝の10ハロンというのもいい。この馬の優先祖先はあの長距離砲リアルシヤダイ。そこへマヤノトップガン、ヴィクトワールピサと配合してきて、距離が保たないどころか、今回こそがまさに適距離。昔ならここを1回叩いたあとの12Fエリ女でも狙いたいくらいで、この条件を待って復帰した説もあるくらい。

脚質難はあるけれど、7ハロンをこなす馬だから、意外と中団くらいで折り合えたら一発やってくれるかも。また本番にも出られるなら、4角先頭が好きな女横綱ソダシの相手として死んだふりオパールムーン買いも一考を(気が早いな)。仮想クロックワークってやつですか?

ローズS2021 春の勢力なかなか強いけど新しい血を見つけたい」への4件のフィードバック

  1. ドルメロさん、お疲れ様です!

    ローズs、ワタシはメイショウオニユリをちょこっと買います。

    オニユリってネーミングセンスがね、カッコいいってだけですがね。

    こういう買い方もアリでしょう笑

    1. オニユリね、田舎ではけっこう見かけます。
      形が主張してて、庭でも目立つ花のひとつですね。
      ローズSはみんなだめだったかあ。
      競馬となると難しいですね。

  2. Madama Lydiaさん、こんばんわ。

    私も明日はプリュムドールの複勝だけ買おうと思ってます。
    この仔は2年前に抽選で外れて出資できず、今回の重賞挑戦も嬉しいと思う反面、「当たってれば…」と最近よく思います笑
    初年度産駒で今ほどゴールドシップ産駒の人気は無かったですし、抽選もそこまでキツくは無かったので縁がなかったかなと割り切っています。

    そういえばノルマンディーの20年産の募集も来週の後半にはラインナップ発表らしいですよ。
    また読み物楽しみにしてます。

    1. たくみさん、こんにちは。

      プリュムドールもう少し動いてくれるかと思ったのですが……でもローズSあたりに出てくれると夢があって、持っている会員さんとしてはニンマリですよね。
      ノルマンディー情報ありがとうございます。
      いよいよその時がやってきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です