▼セントライト記念2021 台風一過!暑い!良馬場!もはやこれは夏競馬だ!

オジサンには朝から日差しが眩しすぎる

動画を早めに作ってしまったので、久しぶりに余裕のある3連休を過ごしている。とはいっても田舎の秋のこと、親せきにフルーツを送ったり、庭の雑草を片付けたりと仕事はあるし、ふと小一時間、ぷらぷら散歩に出かけたくもなる。

が、本日は久しぶりの台風一過。目に眩しい青が空一面広がり、刺すような日差しがデスクワークのオジサンの細腕をジリジリと焼き付ける。こっちはもう頭も肌も何もかも若くないんだから、ほんと勘弁してほしい。

そして思う。「ああ、明日のセントライト記念は良馬場だな……」と。

距離延びて多くなる「裏馬」確率

ローズSとは違い、月曜のセントライト記念は実績的にも十分評価できる落ち着いたメンバー。大波乱があるようには思わないが、ひとつ指摘しておきたいのは、人気馬含め、月のサイクル上「裏」と評価されている馬が多いこと。

これはひと夏越えた3歳馬が、個々の距離適性に応じたテリトリーに参戦するためで、中山の二二なら裏馬が増えて当たり前。ましてや最近の本番菊花賞は、裏馬が「勝つ」G1なのだから。

しかし昨日の重馬場ならともかく、乾き始めた中山の開幕週はスピード優先。少数派に属する「表馬」がまあまあの人気で収まっているなら、勝負は表馬のスピードを活かす方向で考えていきたい。

⑤枠の2頭は「表馬」だが……

ドルメロの狙いは⑤枠の2頭。タイトルホルダーは重賞勝ち&G1で②着がある格上馬だから人気なのは仕方がない。奇しくも今週の動画「ドゥラメンテ最終世代特集」にも登場しているが、このタイトルホルダーは母似の馬。母父MotivatorからSadler’s Wellsの血が強く、こうなるとシーザリオ一家同様、中山コースに極端に強くなる。

これってやっぱりSadler’s Wellsの本性が欧州系でないことを示しているのか。

ただし中山の二二だけは3角から「鈴鹿ばりの裏ストレート」が存在する大回りコース。何なら東京コースの適性が活きてくることはブログで何度もお話ししているが、その意味で面白いのが⑤枠もう1頭のレッドヴェロシティ。水仙賞勝ち、青葉賞③着があるコース巧者なのに、不思議と人気がない。

おそらく逃げて②着だった北海道の一戦が「だらしない」と思われているのだろうか。その駒ヶ岳特別は「洋芝稍重の二六」という半分「裏馬」のカテゴリーであった上、勝ち馬のアラタがメキメキ本格化中のくっそ強い古馬で、次戦のSTV杯も勝って堂々のOP入り。これは相手が悪かった。

ちなみにこのアラタ。母サンシャインのサイクルが2.11〜4.11に対して、自然サイクル予定日4.11を早めた4.6種付けの「疑似裏馬」。こういう馬の判定が早くできるようになるといいな。表裏どちらの可能性もある。

レッドヴェロシティは本ブログでも春からずっと高評価で今さらなのだが、人気がないならまだ裏馬に負けている場合ではない。少なくとも権利は取ってほしい。

大穴にもっとおもしろい馬がいないかな、と十分探した上での結論なので、ご容赦願いたい。

ひかりTV、STBがクソな話

さてここからはまた蛇足話。グリーンCHの視聴をひかりTVに変更してから10日ほど経った。視聴そのものは問題ないが、思っていたとおりそのブラックボックスである「セットトップボックス(STB)」がクソ仕様だ。

動作が遅いのもあるし、お知らせがうるさいのもあるが、一番のクソは

起動しないことがある

点だ。

何それって思うかもしれないが、電源入れるでしょ? 入力切り替えするでしょ? HDMIって表示されるでしょ? そのままグリーンCH映らないのよ。この現象はいつも起こるわけじゃない。けどウンともスンとも言ってくれないことが実際にあるんですわ、これが。そうなると何とリモコンも効かないというクソッぷり。

もちろんカスタマーセンターには申し出たけど、理由なんてあっちではわかるはずもなく、再起動推奨の一点張り。だからあきらめ……ずに、何が理由ぽいのかいろいろ試してみた。

するとどうも、「TV側のREGZAリンク→電源が入ると機器の電源を入れる」機能とめちゃ相性が悪いことがわかった。これをオフにしておくと、この現象が出ない。じゃあ良かったじゃんって思ったら、なんとREGZAのボタンにある「YouTube」で動画を見ようとすると、強制的にこの機能をオンにするよって、REGZAが脅迫してくるのよ。ああ紛らわしい!

このボタン使わないと、何のためのスマートTVだかわかんないじゃん。ABEMAもね。なら中古のハイセンスTVでよかったわ!HDMI4つ付いてるし。

せっかく端子からFireTV外れたと思ったら、この始末。なもんで、今は何もかも初期設定のまま使っている。まあApple製品だって、調子悪ければ再起動がデフォだしね。

ということでもうすぐスカパー!とはお別れ。自分で配線したんだし、シャキシャキ反応したし、天気さえ良ければ悪いところはひとつもなかったが、これも時代の流れ。仕方ない。

で、都市伝説の「ひかりTVを引くとネット速度が速くなる」は、デマ。デマです。速くなりません。

ただし「ランチ時でも、夜のゴールデンタイムでも、遅くならない」のは本当かも。うちの機器類が古いからボトルネックで最速数百Mbps以上は出ないとしても、無線LANもいつでも3ケタMbpsはキープしている。だから時間によって遅延しなくなったというのが真実かも。田舎だから? 前から田舎だけどね。

動画に使うイラストや写真のダウンロードも表示も検索も、以前よりやや安定気味に感じる。Macはルーターから直接有線を通している。

FireTV→どこでもひかりTVアプリを使って、1階の居間でもBSやABEMAが見られるようになりました。大谷くんの試合や藤井くんの将棋見てます。ヒントいただいた方ありがとうございました。やや遅延しますが、画質も含めあれで十分です。

そうだ、BSと言ったらさ、BS契約してくださいのテロップを消すのも、今はテレビからしないと消えないのよ。設定内にちゃんとあるんだわ。これっていつからこうなの? 知らなくて何回もNHKに頼んじゃったわ!

映像出力先をPCスクリーンからTVに変えたので、光ケーブルとアンプを使って音はよくなった。YouTubeで懐かしのアイドル曲を聴いてます。

こんなところで、デジタル模様替え全体としては「1勝1敗」なのかな? 劇的に何かが良くなったわけじゃない。古い居間のテレビ裏をきれいに掃除したのが一番の恩恵だったかもなw あとこの秋は、新Mac miniと新Office2021待ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です