▼やっときたぞ Mac対応 音声合成ソフト「VOICEPEAK」がすごく自然! 2.22

ナレーションが負担でしかないオジサンに朗報

今日は周辺機器の話題を。とはいえこれはかなり切実な願いなのだが、喉が弱い私オジサンは、以前から自分の代わりにきれいに動画ナレーションしてくれる方がいたら、全部お任せしてもいいなと思っていた。

もちろんバイト代は出すつもりだったし、男性女性、プロアマも問わないし、動画はとにかく声がきれいな方が視聴者さんだって聞きやすいのは間違いない。実際に「仕事サイト」等で人を探したこともあるし、なにかのきっかけでご縁があったら、きっと今ごろ自分はナレーション稼業から足を洗っていたはずだ。

しかし他人ナレーションには難しい問題もある。ナレーター自身が競馬にどのくらい精通しているか、動画全体の中で強調する点が本当にわかっているか、馬名、英語をスラスラ発音できるかなど…結局それなら自分がやるわ!ってどうしても思ってしまう。

実はMacの中にも「音声読み上げ機能」があるにはある。しかしどいつもこいつも「機械が読んでますよ〜」みたいな一昔前のボーカロイドで、使ってもいいけど、よくあるYouTube内の「まとめ動画」系と何ら変わりのない趣になり下がってしまう。YouTubeのAI内でもボーカロイドの評価自体は決して高くないはず。

また音声合成ソフト自体がMacに全く対応していない時代が長すぎた。まあMac派が少ない→売れない、回収できない、だからソフト会社としては仕方のないところで、今回の音声合成ソフトもMac対応の他ソフト開発ソースがある企業さんだからこそ出てきたものらしい。

けっこう自然でうまいじゃん! 使えますね

ということで今回ご紹介するのが、3月11日にAHSから発売されるソフトウェア「VOICEPEAK 商用可能6ナレーターセット」である。もちろんここまでタイアップもなし、かつ一銭もいただいていないwからリンクも貼らないよw

私としてはMac対応のボーカルソフトというだけでありがたいのに、なんと追加なしで最初から商用(YouTube、デジタルコンテンツ、教育、企業など含む)利用可能、しかも期間限定ダウンロード購入なら15,800円と、けっこうリーズナブル。

肝心の「お声」の方がこれまたすごく自然。男性が3種類あるのもうれしいし、みなイケボ。何よりAI効果なのか、イントネーションがこれまでのソフトたちより緩やかで、4人の会話に1人くらい混じってもわからないかもしれない。感情移入や強弱にも対応しており、朗読ドラマもいけそうなレベル。

まあ機械ボーカロイドにも独特のいい味はあるけれど、私としてはこのあと大切な「理論のまとめ」を限定発表する際に、ぜひ地声でないものを使いたいと思っていたので、これは即買いだ。(ごめんね、最終まとめ教材はきっとこの機械音声になります)

実際には正しく読ませるための原稿の書き方(送り仮名とか「は」と「わ」とか)もあるだろうから、慣れるまでYouTubeに実戦投入するかは決めていないが、喉の調子の悪いときは当然出番があると思うので、今後は皆さんにもぜひご了承いただきたい。いやAIはそんなにおバカではないな、けっこうそのまま使えると思う。

3月は再び機器ソフト総入れ替えになる予感

本ソフト発売は3月11日からなのだが、実は3月8日のAppleイベントで、いよいよ新型Mac miniがお目見えする噂があり、できればこれを導入してから全てのソフト関係を一新したいと思っているので、さてどうなることやらワクワク、いぇいいぇい(古い)。

動画編集予備としてまだ少しの間Intel Macは残し、新型Mac miniに新サブスクOffice、新DaVinci Resolve、そして新ボーカロイドをドーンと入れ、全部動かして1本動画を作れたら、いよいよIntel Macとはお別れだ。

でそれが少し落ち着いたら、私のふる〜いMacBookになにやらChromeOSが入るよ、軽くなってPCが生き返るよ、という面白い話を聞いたので、それにちょっと挑戦してみたい。Windows派ともMac派とも少し違うPCを持つのもいいではないか。まだ開発版のようだけど。

▼やっときたぞ Mac対応 音声合成ソフト「VOICEPEAK」がすごく自然! 2.22」への3件のフィードバック

  1. そうでしたか。安心しました。睡眠導入剤になるかどうかは分かりませんが、貴兄の声は、味のあるいい声です。大事にして下さい。

  2. 残念です。非常に残念です。貴兄の声があるからと言っても過言ではないYouTubeだったのに・・・・・・。
    動画の声が変わってしまうなんて・・・・・。
    何と考え直してください。お願いです。

    1. ご安心ください。もし導入しても、当面YouTube本編動画ではこのソフトは使いません。
      ただ昨年のように、声がつぶれて1か月も休養をいただく緊急事態を知らせる場合や、今後YouTube以外で出す予定の「理論総まとめコンテンツ」などに活用したいため、今回導入を検討しています。
      英単語や馬名をどのくらいスムーズに読んでくれるかも不明ですし、とにかく使ってみてのお楽しみです。

      そういえば以前「ドルメロの動画を聞き流しながら寝ている」という視聴者さんがいました。
      どうも私の声は睡眠導入剤のようですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。