▼データ販売2年目がスタートして 雑感 6.20

すべり出しは順調です

データ販売最初の山であるサンデー・社台・ジーワン3クラブの販売が無事終了して、今はホッとしているところ。今週は東サラさんの順番だがすでに準備は整っているし少し手が空いたので、ここでデータ販売2年目ならではの雑感を記しておきたい。将来ネット販売等をお考えの方の参考になれば幸いだ。

慣れた頃が一番怖い「ものを売る作業」

昨年はとにかく何が正しくて何が間違っているかもわからないままデータ販売の1年目を過ごした。STORESはシステムがかなりしっかりしているので、データの紛失とか会計の不備などの心配はないのだが、それでも何か起きたら早急に対処しなければならないし、けっこう毎週ドタバタドキドキの連続だった。

(そうだ、以前私が販売に使っていたpixiv(ピクシヴ)は何やら大変な騒ぎになっていますな。私も「ここでモノを売るな」とはじき出された身分wだから言うわけではないが、利用者に対して説明不足だしどうにも高飛車な会社だったことは間違いない。今回一連の騒ぎを見るにつけ、なるほど中身もそんな会社だったかと合点がいった次第。まあそれはさておき)

今年はさすがにそういうドキドキ感はなくなったが、裏を返せばドルメロ側の不手際でしか間違いは起きないということだから、とにかくデータ内容の間違いや欠頁、紛失にはいっそう気をつけるようになった。

なのに先週あたりは全データに「透かし」が入っていないことに気がつき、あらためて一から透かし入りデータを起こした。凡ミスではあるが、これはできるならやりたくないリカバリー。なぜならこういうときに新旧データの交換がうまくいかない、一部データに欠損が出るなどつまらないミスをしでかすから。本当に直前まで何度も何度も見返し、何かあった際の対処方法も一応考えていた。

2回目だから見えてくるデータがある

ということで幸い何事もなく最初の販売は終了。そこで改めてまず販売実績から振り返ると、3クラブ全体の売り上げ額自体は昨年とそんなに変わりがなかった。

ご存じのように今年は価格改定をしたが、一方でセット割の拡充もしたので、たくさんお買い上げの方ほど昨年と変わらない価格になるよう設定してあった。中にはセット割に多めの「寄付」をしてくださった方もいるだろうし、そういうプラスマイナスの作用が相まって、売り上げ額自体は変化なしという結果だった。これは私の意図したところに収まった気がする。

次に2年目ならではのデータ、リピート率はどうなのかという話。昨年買ってくださった方が今年どのくらいリピート買いしてくださったか、ビジネスとして語るならこれが一番重要かも。

結果はいわゆる人数的なリピート率としては「80〜85%」程度ということになった(価格的に見るともう少し高いけど)。本当にありがたい数字であるとともに、やはり固定客様を逃さず、いかに満足していただくかがビジネスの本業であると感じる。販売などという畑違いの分野に踏み出したからこそ、深く身にしみる。

反面このデータは今年最大で2割程度のお客様が「新旧入れ替わり」したということだし、もっといえば何もしないでいると毎年2割程度のお客様がここを離れる可能性があるということだ。これがビジネスの厳しさなのだろう。いいものを売っている(つもり)だけでは商売は成り立たない。

またもう少し深く見ると、昨年のお買い上げ数、価格が高い方ほど、今年もリピート買いしてくださった率が高い。当たり前だがヘビーユーザーさんほど残ってくれるということ。昨年ちょっとだけお試し買いされた方は、よほど頑張らないと定着はしてくれないね。

しかしそうはいっても一度お試しいただかなきゃ始まらないこと。YouTubeの宣伝効果も一定のレベルで感じられるし、販売数を減らさない程度なら毎年やっていけるのかもしれないし。どこの会社も「失った分を営業で取り返す」みたいな図式で頑張っているわけだから、これもいい経験だ。

お買い上げくださった方々、本当にありがとうございました。

もう少し細かな点で気がついたこと

今年はセット割をもっと簡単にしたいなと考え、春頃からいろいろ試してはみたのだが、結局STORES側に「まとめてセット割」のピッタリした設定がないことがわかり、挫折。簡単に言うと、ABCDEFの6商品を割引するとき、(ABCDEF)と(ABCDEF)を対象とする「どれでも割」ができないのだ。

これがコミュニティでお話しした馬券でいうところの「ボックス買いができない」状態で、ではどんな割引ならできるのかというとAー(BCDEF)という「1頭軸買い」式の割引なら可能なのだ。これってけっこう使いにくいよね。

じゃあひとつずつそういう設定にすればよさそうと考え、私も(ABCDEF)と(ABCDEF)’ みたいなマスターとコピーをひとつずつ作ってそれぞれを繋げてみたんだけど、これだとAー(ABCDEF)’ はよくても、今度はマスター同士、コピー同士の割引A’ー(ABCDEF)’ができないし、ここまで頑張ってもお店の陳列形式が大変な騒ぎになっちゃう。これは絶対間違いが起こる。

おまけにたくさん買った際の10%→20%OFFみたいな追加設定ができないし、こんな感じなら自分で設定するわと諦めちゃった次第。これはSTORES側にあとで要望してみるね。

で結局あのようないくつかのセット割を考えて出してみたんだけど、おおむね好評だったみたい。とくに今年は複数買いのお客さんがほとんどセットを選んでくれたので、注文が一度で済んだ方が多くて手間が省けた感じかな。

すごく意外だったのが、一覧表だけの×3セット割がけっこう売れたこと。これは売れました。読み物はドルメロの戯言だから大して売れやしないけどwデータのセット割はやっぱ需要あるんだな。上級者向けだよね。それに関連して、サンデーと社台のデータだけ単品で2つ買ってくださった方がいて、そこまでセット割にできなくてごめんなさい。これは読めなかった。来年の参考にさせていただきます。

というわけでデータ販売2年目のスタート直後をまとめてみたが、今後も皆さんのご要望にお応えすべくいろいろ試しているので、変わらぬご支援を賜りますよう。

あ、そうそう、昨晩もSTORESが閉まった後「データ販売、終わっちゃいましたか?」というお問い合わせがあったよ! 毎回ある!必ずある! 今年は告知動画がないから、ぜひYouTubeコミュニティの通知を受け取れる体勢でお待ちいただき、お早めのご購入をおすすめいたします。最終日は夜8時までね!

ババンババンバンバン♪ お風呂入れよ!歯磨けよ!風邪引くなよ! また来週! ありがとうございました!

▼データ販売2年目がスタートして 雑感 6.20」への2件のフィードバック

  1. ダート三冠が制定されびっくりしました。しかもダートは地方に任せ中央は芝に重きを置く宣言まで出てきて二度衝撃を受けました。今年のセールにはダート血統馬に注目が集まり価格に影響出るか興味がつきません。一口にも必ず大きな影響が出ると思うので今年の募集馬は去年以上にダート血統に注目したいです。

    1. そうですね。ダート3冠の話自体はいつかこうなる気もして比較的冷静に受け止めたのですが、中央競馬のさらなる芝重視路線はちょっと話が違う感も覚えます。
      3冠が地方にあるから中央は何もしない、というのは通らない話。
      せめてたくさんのステップレースを整備することで気持ちよく送り出すくらいでないと、ダメじゃないかなあ。
      この辺はまたセールが近づいたら、少し触れようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。